診断時:39歳
インタビュー時:46歳(2008年10月)
北海道在住。2001年秋、左乳がんと診断され、左乳房切除術とリンパ節郭清術を受け、術後は放射線療法、化学療法、ホルモン療法を行った。術後5年ほどして、左腕がリンパ浮腫となり、現在は病院でリンパマッサージを受けている。夫の両親、夫と子ども2人の6人暮らし。パート勤務で、治療のため退職し、4年後から事務系のパートを再開した。

この人の語りを見る

プロフィール詳細

SKさん(仮名)が乳がんを診断されたのは、2001年の秋で、ちょうど仕事や生活のストレスを多く感じていた時期だった。病院に行く1年前くらいから、左乳房が固くなって、時折かゆみや痛みを感じていたが、以前、乳腺炎を起こしたことがあったので、がんではないかと気になりつつも、病院に行かず様子を見ていた。しばらくして4-5日微熱が続き、そのあと左乳房が腫れあがったので、気になり、たまたま子どもがかかった病院の看護師に話をしたところ、検査を受けるよう勧められた。そして、検査を受けたところ、左乳がんと診断された。39歳のことだった。帰り道、真っ先に家族のことが思い浮かんだ。夫は信仰を持っており、帰宅後、がんであることを告げると、すぐに祈願のお札の手続きをしてくれて、入院中は、子どものことから、家事のすべてを引き受け、支えてくれた。そして、夫との話し合いで、心は神様に任せ、治療については医師に任せようと決めて、手術に挑んだ。

手術は左乳房切除術とリンパ節郭清術が行われた。腫瘍が大きくなっていたので、形成外科の医師も加わり、太ももから皮膚移植を行なった。幸い、筋肉は温存できたが、断端部に腫瘍が残っており、術後は、放射線療法、化学療法(点滴4回と内服2年間)、ホルモン療法(注射2年と内服5年)が必要となった。内服の抗がん剤は、服用後1か月たったころ白血球が2500まで下がり、中止したが、それ以外治療は副作用にひどく悩まされることがなく、すべて終了した。術後5年ほどして、左腕が腫れはじめ、リンパ浮腫となってしまった。当初は包帯を巻いたりしていたが、改善せず、徐々に腫れがひどくなって、半年前からは病院でリンパマッサージを受けて経過をみている。

乳がんになって、病気のことは隠さず話してきた。しかし、小学生の子どもが友だちから「お母さんががんなら、終わっているね」と言われたことがあり、かわいそうな思いをさせたと感じている。闘病には、信仰が支えとなった。また、母親が50歳で亡くなっているが、その年齢まで生きて、子どもの成長を見届けたいという思いも原動力となった。これから母親の年を超えて年齢を重ねることを楽しみにしている。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言

インタビュー40:体験談一覧