インタビュー内容テキスト

心の中で「絶対これ私乳がんやないかな?」って思いながら、こう生活してたわけなんですよね。だけど、なんか家族に心配もかけたくないしっていうのもあって、ちょっとこんなんで病院に行くとかって言ったら、もう父も母も70過ぎてましたので、まあ年寄りにね、心配かけるし、病院に行くっていうことも言いづらいよねっていうようなですね、なんか変にそういった気を遣ったりですね。なかなか、行こうと思っても、休みを取ろうと思ったら取れないわけではなかったのに、まあ自分の中で、なんかそういう迷いとか、病気になって手術したりして、入院とかはいいんですけども、はっきりそういった病気だって宣告されることが怖かったんですよね。手術とか治療とかっていうのに怖いって気持ちはなかったと思うんですけど、自分の中で、ただその判定を下されるのがなんか嫌かなあーっていうのがあって、なんか延ばし延ばしにしてしまっていたような気がします。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言