インタビュー内容テキスト

私は、しこりに気づいていたのは、高校生のときでした。17歳のときだったですね。で、ここに左のほうにあったわけなんですけれども。まさか…、いや、そんなことはないだろうと思っていたんです。で、母が、そのとき、もう乳がんの手術をしたばっかりで、そして、それから2年ぐらい経ったあとに、今度、私が19歳のとき、いとこが乳がんで亡くなったんです。そのときも、でも、まさかって思っていたんですけれども、まさかそんな、しこりがあるからそんな10代で乳がんになんかなるわけないよって、私は思っていたんですね。
それから、34、5歳ぐらいのときだったかな? また、仕事に復帰したんですけれども。だんだんと自分の左胸のほうから出血がするんですよ。そして、ブラジャーをつけないで、Tシャツだけでごろんと横になっていると、血が、Tシャツが血だらけになっていたんですねえ。まさかとは思ってはいたんですけどね、だけど、36になったら、今度、反対側のほうにも、ちょっと、乳首から、透明とも言えない黄色いとも言えない微妙な感じの、両方から出血するようになって。
で、それで、どうしょうかなー、どうしょうかなーってすごく悩んで。私、これだけは言いたいんですけれども、自己判断は絶対にやめたほうがいいなって、つくづく思うんですけど。友達に相談したら、「そんな若さで乳がんなんかになるはずないでしょう」って。「乳腺炎か何かだよ」って。「生理前になると、そういう、出血したりとかってあるんだから」って言われて、また病院から離れてしまったんですね。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言