インタビュー内容テキスト

乳がんって分かったときに、あの、ま、そのころには、とにかく、インターネットでいろいろ情報を探しまくっていたので、いろんな方法があるとか。それから、母が、ま、乳がんになって手術したころには、結構、しっかり取って、あばら骨が見えるような感じで、しっかり取って、で、もう、全部取ってしまえば、そのあとは、特に薬とかも飲まずに、まあ、何ヶ月に1回か定期的に経過観察をしていただけで、薬も何もなしでっていうような状況だったんです。
で、とにかく、思ったのが、胸を、なくなるのが嫌だっていうことを思って。で、その後のことっていうのは、全然何も考えずに、とにかく胸がなくなるのは嫌で、できるだけ胸をなくしたくないって思って。それで、今度またいろいろ調べて、で、あの、手術しなくて済む方法はないかというようなことも考えて、で、ラジオ波で焼くとか、何か、超音波で焼ききるとか、何か、いろいろな、その最新の方法があるらしいっていうのを知って。で、そういうものなんかはどうなんだろうっていうことで、その、告知してくだった先生に次にお会いしたときに、いろいろと質問をぶつけてみたんですが、私の場合は、その中心部のわりと真ん中辺で、浅い部分にできていたので、その超音波で焼ききるとかっていう場合には、皮膚に近いので、あとが残るんじゃないか。それから、大きさから言って、ちょっと大きくなっちゃっていたので、ま、1回どころじゃない。何回かやらなきゃ駄目だろう。で、まだ、それも、治験段階とか、あの、実験的な標準的じゃない医療方法で、そういうのはあるけれど、その焼ききるとかっていう方法。ただ、私の場合には、まあ、それを、自分でやりたければ、紹介はするけれど、やるとなったら自費で、で、それも、何回も何回もやってうまくいくかどうか分からなくて、やり終わって、あとが残ったりして、ものすごいお金がかかるなんていう話を、いろいろ聞いたりして。で、その焼ききる方法は無理だな。やっぱり、手術しかないなっていうことだったんですが…

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言