インタビュー内容テキスト

最初は割合に細い針だったんですけども、でも、これはすごく個人差があるらしくって、痛い人は本当につらいっていう話は聞きますけども、何か私は不思議なことに全然痛くなかったの。別に麻酔も何も使いませんでしたけども、で、太い針(生検)のときも「鉛筆の芯ぐらい」って言われましたけど、「え、そんな太いの?」って思いましたけど、何にも感じなかった。痛くも何ともなかったですね。で、まあその細胞の部分を採るのに結構こう中で動かす、針を動かすんですよね。で、その動かす感じがちょっと気持ち悪いっていえば気持ち悪いですけども、それはもうそっぽを向いてて見ないようにして、そしたら、痛くなかったですね。だから、本当に個人差は大きいんじゃないのかと思います。場所とか、いろいろあるんでしょうね、あれも。だから、そうですね。痛い痛いって実際にはそういう話は聞いてたんですけどね、何か拍子抜けするような感じでした。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言