インタビュー内容テキスト

どの病院でも、今、同じ状態だと思うんですけれども、私が通っている病院でもすごく乳がんの患者さんが増えていて、最初に初診で行ってから検査を受けて、最終的な検査結果が出るまでの時間っていうのが、すごく長くかかるようになっているようなんですね。長くかかれば、かかるほど、すごく不安になります。で、右胸だけだと思ってかかったら、いろいろ検査をしてみたら、左胸にもあるかもしれないっていうようなことが途中で分かったりとかいうこともありましたので。それから、その程度ですね、どれぐらいのステージに自分があるのかっていうことも、逆に私は8年前に子宮頸がんにかかっているだけに、そのがんにはステージがあるということを既に知識として知ってしまっていたので、0(ゼロ)期でわかればいいけれども、Ⅱ期だったらどうしよう、Ⅲ期だったらどうしようっていう、逆に知識があったがために、自分がどのレベルなのかっていうのをすごく不安に感じました。
これが初診を受けてすぐに、1週間、2週間で最終的な結果が出れば、その分不安に感じる時間は短かったわけですけど、残念ながらいろいろ混んでいる状況があったものですから、1ヶ月、最初にかかってから、ひと月半ぐらいかかったように記憶しているんですけれども、その間は自分がどういう状態にあるのかっていうので、悶々としてしまって非常に不安な状態が続きました。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言