インタビュー内容テキスト

組織検査のときですね。これは、ほんとに、耐えられないほど痛かったです。時間そのものは、長くかからなかったと思うんですけれども、麻酔の注射針が、「入らない」って言われるんですよ。硬くて、その組織が。そりゃ、そうですよね。その子どもの組織見たとき硬かったから。だから、「辛抱してね、辛抱してね」って言いながら、「血圧が220上がりました」っていう、助手の方から(の声)も、局部麻酔でしたから、全部、ほら聞こえるんですよね。それで、その中で日常会話もその先生方が、「ああですね。こうですね」って、周りの景色のことを話されるんですけれども、もうその痛さで、ご返答することもできなかったですけれども。痛いとも言えないし、まあ辛抱して、「あ、今、縫合しているな」っていうこともわかりましたから、「あと少しですか?」って聞いたら、「もう、あと3針(みはり)よ」とかいう、そのときに、ほんとに、「ああ、よかったなー、痛かった」という言葉で最後、締めくくりましたけど、「もう、お産するより痛かった」言うて。あとは、もう「終わったから、よかった。よかった」と言って。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言