インタビュー内容テキスト

自治体の乳がん検診の募集がありましたので、今まで、その、2年に一度無料であるというのはよく知っていたんですけれど、私の場合は婦人科の手術を受けていましたので、乳がんにはかからないと思っていまして、それで全く無関心だったんです。
それは、でも、とても思い違いでして、太ると脂肪が乳がんの原因の一つのホルモンに変化するそうなんですね。それで、私は50代のころは基準の体重、標準体重よりも5キロから10キロぐらい常にオーバーのやや肥満体だと思うんですけど、だったんです。で、まあ思い当たる原因はそれぐらいかな、ということなんですけれど。それで、たまたまちょっと近くの病院で検査が受けられましたので、全く気楽に予約をしてマンモグラフィ検査を受けました。それが6月半ばですね。そして、1週間後に写真を見ながら説明を受けたんですが、右の乳首の少し上に1円玉ぐらいの丸い点々とした影がありまして、その辺は、以前から少し自分でも厚みがあるなという感じがしてたんですけれど、いわゆるコロコロと手に触れるというような感じではなかったのです。それで、そこの先生が「乳がんを疑うから、精密検査を受けるように」と言われて、今、通っている大学病院への紹介状を書いていただきました。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言