インタビュー内容テキスト

まず、検査は、えっと、会社の健康保険組合が初めて、会社の事業所にマンモグラフィの検診車を横付けして検診しようという1回目の取り組みのときでした。で、私自身は、30歳のときに線維腺腫が見つかって、それから5~6年は半年に一遍ぐらいずつ通ってたんですね、お医者さんに。でも、まあ、大きくなることもなかったので、そのまま。その後は40歳のときに1回受けて、そのまま忙しくなってずっと行ってなかったと。
というのが、40歳のときに受けたときに、あの、大きくはなっていないんだけれども、これが良性か悪性かを確認するためにはやっぱり針生検をしなければいけないというふうに言われて、ちょっと怖かったんですね(笑)。で、そういうものもあって、当時はまだマンモ(グラフィ)はあまりやってませんでしたので、で、今回、マンモグラフィだということで、受けてみようということで受けました。多分、線維腺種があるので、絶対最初に引っ掛かるだろうというのは覚悟してたんですね。だけども、今度はまあちゃんと最後まで受けようというふうに思って行きました。
ところが、結果を見たらば、線維腺種はもちろんあって、そこのところは写っているんですが、それ以外に石灰化の細かいものが両方に見つかったという状態でした。それも、あの、そうですね、そんなに多く映ってるわけではないんですけども、両方とも同じようなぐらい、出ていて、ちょっと先生にも珍しいと言われたような状態でした。
で、会社で受けてますので、大体病院を紹介してくれて、幾つかこう書いてありましたので、まず一番近いところに行ってみたんですけれども、そこは普通のクリニックでしたので、えっと、針による生検まではできたんですけれども、石灰化の部分が悪性かどうかというのは判断できないと、それでやっぱり大きな病院行ってくださいということで。で、そのときに、マンモトーム生検というので調べたんですけども、そこで初めて、私のがんのあれはどういうもんなんだろう、もしがんとしたらどんなもんだろうというのをインターネットで調べてみて、あ、こういう形のものなのかと。で、確かにそれほど進んでいるとか、大きいとか、そういうことではなさそうだし、ある意味、今すぐ命にかかわることではないんだなというとこまでは、あの、納得して。で、そのときの先生は、まず3~4割の確率かなというふうにおっしゃったんですけど、自分としては何となく、多分、がんなんじゃないかなという感じは何となくありました。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言