インタビュー内容テキスト

私の母が乳がんで手術をだいぶ前にしていましたので、私も、あの、まあ、気にしていて、それで、40になる前ぐらいから、職場の婦人科検診というのはずうっと毎年受けていまして。それで、この乳がんになる直前にも、やはり婦人科検診を受けて、それで、超音波でちゃんと(乳がんの)チェックはしていただいて、異常なしという、えー、ま、結果報告書はもらっていました。
ただ、その、半年、10ヶ月後ぐらいに、自分でなにげなく触ったら、胸に、何かソーセージのような塊が、触れてびっくりして、変なもんがある。で、もうすぐにこれはおかしいと思って。で、病院をどうしようかっていうのを考えて、どこの病院がいいか。その検診を受けたところでは、「異常ない」って言われていたので、あんまり小さいところでは当てにならないと思って。専門の病院をどうしようって思って。専門の病院を探すのに1ヶ月ぐらいかけて。で、インターネットや何かで、ここならいいんじゃないかという専門のところをみつけて、そこに電話をして、で、診察を受けて、確実にがんになっているっていうのが分かりました。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言