インタビュー内容テキスト

自分の不注意で、乳がんというよりも、がんにかかってしまったということが、やっぱり非常に後悔いたしました。検査(検診)をもうちょっと、もう少し早目に受けていれば、食い止められたのかなとか、そういう後悔は非常にありました。

――それまでっていうのは何か、検査というのは受けてらしたこともあったんですか。全然ない?

全然なかったと申しますか、ま、ちょっとお勤めしてたんですけども、1年に一度の健康診断は簡単なものでしたので、もちろん、マンモとか、乳がんについての検査だとかは、項目に入っておりませんでしたので、そうですね、この病気にかかる前、一度だけ、あの、みんなでと申しますか、お友達5~6人で検査(検診)に行ったのが20年も前のお話で、ああ、そういえば1回だけ行ったなというような記憶しかないので、やっぱりその点が一番悔やまれました。

――参考のためにお伺いしたいんですけど、地域でも自治体みたいなのでも今、乳がん検診ってあるように思うんですが、そういう何かご案内とか何か来たりとか、何かお知らせというのはなかったんですか?

乳がんというよりも、まあ私が見落としているのかもしれませんが、乳がんというよりも、子宮がんの検診車が回りますとか、検診はこの病院でというふうな広告と申しますか、そういうものは目にしておりましたけれど、全く自分では、乳がん(検診がある)ということは頭になかったです。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言