インタビュー内容テキスト

先生も、当時、まだはしりだったと思うんですけど、「セカンド・オピニオンを受けたらどうですか?」って主治医の先生が、言われたんですけど、私は、主治医の先生が、納得できるまで、治療方針を、その日に言ってもらえたんです。だから、「頑張ろう」、「治そう」っていう気持ちになったんです。
でも、それが、当時はまだ珍しかったと思うんですけど、術前抗がん剤、だったんです。それに対しては、私も、だけど、家族が私以上に、家族が、術前抗がん剤、だから、半年間がんを持ったまま、抗がん剤で微少転移をなくすように…。だけど、がんは持ってるわけですよね。乳がんっていうその塊。だから、「それは大丈夫なのか」って。「半年も持ってるよりも、早く切ったほうがいいんじゃないんか」って。で、家族はもう、ものすごく反対ではないけども、「どっかよその大きい病院に、立派な病院がね、ほかの病院に行ったらどう?」って言われたんですけど、でも私は動く気になれなかったんです。今の主治医の先生とか、看護師さんとかに命を預けたかったっていうか、この先生とじゃないと、私は病気を治せないな、と思ったんです。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言