インタビュー内容テキスト

(セカンド・オピニオンを受けた)時期は、手術する前と、それから手術した後に抗がん剤の治療に入る前ですね。そうですね、2回ですね。で、それは、どちらも一応先生に、そのかかっている、切っていただいた先生、今、診ていただいている先生に、「他の先生の意見も聞きたいので」ということでお願いしまして。で、『切るにはどこで切ったらいいんだろう』っていう選択がまず1つと。それから、切った後に治療もしなければいけないと。『この治療法で、果たして自分は納得するのかなあ』っていうのがありまして、2回。ですから、やってみて、結局最終的に一番最初のところに戻るんですけれど、それはそれで、もうこの先生と、ずっとお付き合いというか、自分の病気に関してはもうお任せしてやっていこう、という覚悟がついて良かったと思っています。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言