インタビュー内容テキスト

最初のお二人は手術をするなんて考えもしていなかったから、何にも考えないでかかったので、でも、まじめに手術をしようって思ったときに、子宮筋腫って一度手術をしているものですから、手術っていうものがどういうものかって、まだ、傷跡もまだはっきり生々しくあるような状態だったので、身を持って感じてたところがあるので、その、こう納得できるところをやっぱり選びたかったので、診断してくれたその筋腫の手術をしてくださった病院の先生ももう快く書類とか全部出してくださって、まあ自分の納得できる、患者の意思を尊重してくれるというんですかね、そういうところも、今は、こう自分のところでやりますというような姿勢ではない、そういうものにも本当にありがたいと思いました。だから、自分で選べたんです。患者の会の人たちにも相談したりして、それで、やっぱりここのこの先生がいいっていうような、やっぱり話もいろんな人から聞いて、それで、そこに行って、それで先生の顔を見て、もしもこの人、相性が悪いっていうか、そういうふうに思ったらやめようと思って、それで予約を入れていったんですけども、やっぱり医師と患者っていうのは、まあ子宮筋腫のときも思いましたけど、非常に相性っていうのがあるもんなんだというのを感じてたので、その先生だったら信頼できるなって感じたら、でも、本当にまあ5分ぐらいしか話をしない中でそれを決めるわけだから、こう第六感に頼るしかないんですよね。言葉尻とらえたりとか、そういうことではなくて、印象とか、そのそういう、こう勘を大事にして決めようと思っていたので、とてもその病院の先生は必要なことしかしゃべらない方で、余分なおしゃべりもしないし、厳しいことをパッパッていう方だったんですけども、でも、私には嫌な印象は全然残らなくって、で、言われたことも厳しいけども、正確なことだったんですよね。甘いこととか、あいまいなこととかは、一切言われなかったので、私はそこに信頼を感じたので、この先生にお願いしようと思って、で、そこにお願いしますということで頼みました。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言