インタビュー内容テキスト

そのときに、先生に初めてお会いしたんですけども、そのときの先生のこう表情とか目とか、まあすごくこう自分にピンときたんですね。「ああ、この先生にやっていただきたいな」って思って。その前にちょっと、(子宮)筋腫の手術を何年か前にしたときに、ちょっと医師との疎通がうまくいかなくって、術後等もちょっと悲しい思いをしたことがあったので、病院とかお医者さん(選び)っていうのは自分にとって、すごい慎重だったんですね。
それで、そのときに、その先生の、(検査結果を)診て、「ああ、僕だったらこういう手術をしますけども、僕は。この乳がんは10年診なきゃいけないから」っていう言葉を言ったときに、「あっ、この先生は10年診てくれるつもりなんだわ」って、そのときに思いましてね。それで、「ああ、この先生に、分かんないけど任せましょう」って。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言