インタビュー内容テキスト

最初の病院はインターネットで、検診をしている病院を見つけました。検診だけのセンターです。

――その病院を選択した理由について教えてください。

まず最初から病院、いわゆる大病院に行きたくなかった。というのは、もう行った瞬間に、「じゃあ、明日、手術ね」とか、まさかそんなことないんですけど、言われたらどうしようと思っていたので、自分に対してはっきりと診断がついてから、どうするかっていう、決める時間が要るなと思ったので、一人暮らしですから、両親とも離れていますし、まず切るなり切らないなり、場所の選択が必要だったので、検診を主にやってくれるところを探しました。そういう、いわゆる診療所ですね。検診目的の診療所で「マンモグラフィがあります」というところを見つけて、で、一般の方でも予約OKということでしたので、電話をしました。
で、診断がつきました。私自身は、(乳房を)切るっていうことに対してやはり抵抗があったし、もう間違いないってなったときに、そのドクターに、「これ、取らないでそのまんまいたら、どうなりますかね?」って聞いたら、ものすごい怒った顔されたんですね。「駄目や!そんなの。絶対、駄目や!」。
もう半ば泣きそうな顔で、すごい初めて会ったのに、1時間ぐらい話しただけで言われて。あ、この人は私を本当に駄目だと思って言ってくださっているんやな。「じゃあ、すいません。あなたに、切っていただくならどうしたらいいですか」っていうことで、彼が、勤務している病院から検診センターのほうに来られてたので、元々いらっしゃる病院のほうに行って、「私が責任を持って切りましょう」と言ってくださったので、そのドクターに後の治療をお願いしました。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言