インタビュー内容テキスト

それで、夕方ね、もう5時ごろだと思うんですけれども、いろいろな(検査)結果が全部出まして、それで、結局、「がんだから、手術以外にない」っていうふうに言われたんですね。
それで、私も、何か、ちょっとね、やっぱり不安な気持ちもあったんですね、診断に対してね。「ああ、もっと大きな病院で、きちっと、診ていただいて、それから、いろいろ、また考え直したほうがいいんじゃないかな」っていうふうに思ったんですけれども、やっぱりこう、何ていうか、「もしがんだったら、一刻も早く、手術しちゃったほうがいいんじゃないか」っていうような気持ちもありましてね、もう先生に「これは手術する以外に、方法はない」っていうふうに言われたんで、もうその場でね、「じゃあ、手術、させていただきます」っていうふうに承諾しちゃったんですね(笑)。普通ですとね、こう冷静にいろいろ判断して。後で考えるとね、「ああ、あのときこうすればよかった」とか、「もっと先生に詳しく、診断の結果を聞けばよかった」とか、いろいろ、思ったんですけれども、そのときはやっぱり、何ていうか、やっぱりね、頭が真っ白になるっていう状態でね、もう先生の、こう、誘導尋問にこうかかってるような感じでね、「ああして、こうして」っていうふうに言われたことにね、もう何かこう引きずられるような感じでね、ええ、もう何か、こう自分でね、決めてしまったんですね。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言