インタビュー内容テキスト

――何が、先生を「ああ、この先生、信頼できる」っていうふうに思われた一番の理由だったんでしょうか?

とっても正直ですね。ずばりおっしゃいます。で、まあ、多分、ほかの先生もそうなのかなと思いますけども、もちろんすべて書類に書いていただいて、「診断はこうですよ。これから治療はこういうふうにしていきますよ。術前にはこういうふうな大きさになっています。こういうふうに切りますよ」、説明がとっても十分にしていただけるっていう、まあ、患者が納得できるように。そして、どんな質問にも丁寧に答えてくださるんですね。…まあ、そういうところから、信頼できると思ったんじゃないでしょうかね。…患者のことをとっても心配してくださるっていうか。告知のときなんか特に「大丈夫? 大丈夫?」って言われて、「大丈夫です」って。何度も念を押されて。
 で、私が通ってる医療機関は、先生もそうなんですけども、看護師さん、スタッフが、とっても、十分な説明をまた、先生の説明に重ねてですね、もっと具体的に分かりやすく、別室で、後で、入院のときの説明にしても、時間をかけて丁寧に説明をしてくださるっていうのが安心感につながってるんじゃないでしょうか。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言