インタビュー内容テキスト

(医師が診察すると)「「やっぱりこれは大きい病院を紹介するから、どこがいいですか?」と言われ、心当たりがあったのは、近くに大きい病院が、1つあるのと、ちょっと離れたところですが、大学病院と、あと、都内なんですけれども、知っている先生がいるということで、そちらっていう、この3つの選択肢があって。でも、私は近いほうが、後で、やっぱり家族が、入院したときに来やすい場所というのと。あと、まさかこんなに5年もね、かかると思わなかったんですけど、自分が通うのに、楽な場所がやっぱりいいだろうということで、近くの、病院を紹介していただきました。
そのとき(主人に)言ったときに、「本当に近さだけで選んでいいのか?」と、主人のほうからは言われました。
 うん。でも、まあねえ、やっぱり自分の中では、近いほうが楽だわっていうのがあって、まあ結果は大丈夫だったんですけどね。主治医にも、みんなすごい恵まれたので、良かったんですが、まあでも私の場合はそこで、選べる病院が近くにあったから良かったかなあと思います。後で、やっぱり自分ががんになっていろんなそのがんの仲間とかと知り合うようになったときに、やっぱり病院を探すのが、自分に合った病院を探すのが大変だっていう人の話とかも聞いてたので、ああ、私はすごい恵まれてたなあっていうことは今でも感じています。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言