インタビュー内容テキスト

母親に伝えたんですけども、母親はやっぱりびっくりしてましたね。私は1人で暮らしてたので、こっちに戻って来いと。戻って来て頼むからこっちで治療してくれということは言われましたね。言われたけど大丈夫だからっていうのがありましたね。で、実際、抗がん剤の術前治療するまでは何も、痛みもないわけですから、しこりがただあるだけで何も感じてないわけですよ。でも非常にこう、なんかこう、心配するじゃないですか? で、しかも母親はね、自分でそれはなってないからわからないので。でも、やっぱり肉親なので、心配はするけれども、それが、自分の、私自身の自覚症状とは…。自覚症状が私にはないものだから、こうギャップがものすごいあるんですよね、ものすごく心配してくれるんだけど、私はちっとも今は痛くないし、そこまで心配しなくても大丈夫だよと、それはかえって負担になると。なんかこう、大丈夫?大丈夫?って言われれば、なんか、大丈夫だって思ってても、大丈夫?大丈夫?って言われれば、なんかだんだんこっちのほうが不安になってくるじゃないですか。それでその、やり取りに対して自分でこう嫌だなと思ってたんで、そういうやり取りをしたくないと、あまり必要以上にそこで心配されたくないっていうのがあったんで、あくまでも自分の考えで、押し通して、1人で治療しました。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言