インタビュー内容テキスト

そのときに先生が、「今日、ご家族の方、いる? 来る?」って言うから、うちはもう全く、主人も娘も忙しかったから「いや、何? 家族に話って何?」。もうその時点で。普通の一般的な常識で、何かね、家族の方にお話っていうともう、「先生、それって、いい話? 悪い話?」って言ったら、「あなただったら大丈夫かな」っていうようなことを言われて、「1人? 今日、誰も来ない?」って言うから「うん、多分、来ませんよ」。「臨床(病理診断の)結果で、取りあえず、リンパのほうに転移があったから、今後の治療法をね、考えていこう」っていうふうに言われたときに、またその中で、私の中でパニクっちゃったんですよ。「あれ、取って終わりじゃないの?」っていうふうな感じで問い掛けたら、やっぱ先生は、「これから、乳がんは長い闘いになるから、取るのがまず第1段階。で、それからいろんな治療があるのが第2段階、第3段階ってあるよ、っていうのを、僕、手術の前に話したよね」って言うから、「何かそんなようなことをおっしゃってましたね」って。で、「取りあえず、リンパにね、4ヶ所あって、それを抗がん剤の治療だとか、放射線だとかっていうのをやっていこうね。頑張ろうね」っていう言葉が、言われたんですけど、私は何か他人事のように、「ああ、そうなんだ」って受け止めちゃったんですね。
 でも、やっぱ病室で一人になると、いろんなことが駆け巡ってきて、「何で、私が」って。で、その本とかって見ると、体質的にね、太ってらっしゃる方がなりやすいとか、「そういう統計的から見たら、私、外れてるのに何で?」って。でも、何で?何で?って思ってても、もうなっちゃったことだから、ともかくじゃあ、どうしたらいいのか分かんないんだけど、手探りの状態で、先生にお任せするしかないっていう自分の判断で、「先生、じゃあ、抗がん剤なり何なり、何でもやってちょうだい」って。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言