インタビュー内容テキスト

がんになっても、何か手術をしたり、手当てをすれば治るんだっていう、そういうね、安心感っていう、そういうものはありましたよね。だから、別にそうね、ショックで、お話できないほど、よくね、泣き暮らすっていうふうな人もいらっしゃるようですけれども、そういうことはなかったです。
ただ、第1回目のときには、もうね、私、随分ね、泣きましたけどもね。「まあ、私ね、もうこのまま死んじゃったら、この後、どうなるんだろう」と思いましたよね。子どものこととか、主人のこととかね。うちのことはね。どういうふうになるかと思って。本当にもう、何ていうか、自分でもね、もうどうしようもできない、こう、あれですね。悲しみのどん底に、陥れられたっていう感じでしたね。ええ。
そういうことはなかったです、今回は。だから、そんなに怖がらないで、やることをきちっとやるっていうことがね、本当に大事だと思いますけれどもねぇ。ええ。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言