インタビュー内容テキスト

で、05年の6月2日に、その医療機関を受診しました。で、「どうして来ましたか?」っていうことだったんですけども。「自分で触って、しこりがあると感じました」っていうことで、もうその日のうちに、エコー、マンモグラフィ、触診、細胞診までされてしまったんですね。で、私がそのときに先生に、先生から、「乳がんですよ」って言われるまでに、私のほうからもう、そういうもろもろの一連の検査が終わりましたもんですから、確信したもんですから、明るく言ったんです。「先生、私、もう立派な乳がんですよね」って言いましたら、先生のほうが、逆に驚いたような様子で、「でも、まだ分からないよ」っていうふうに言われましてね。次の検査を予約をして、その日は帰ったんですけどもね。
で、それから1週間後がもろもろの検査ありました。MRIとかCTとかあって。その日に、実は看護師のほうから、「ボランティア室に行ってみない?」って声掛けられました。で、患者さんたちが、経験者もたくさんいるし、待ち時間、検査と検査の間、待ち時間あるもんですから、「その間、ちょっとのぞいてみたら?」っていうことで声掛けを頂き、ちょっと不安ではありましたけどのぞいてみました。そこには、乳がんを体験された方、おられたり、看護師さんもおられたりして、まあ、いろんな、お話をその場でも伺ったんですね。で、「ああ、こういう会があるんだ」と。で、「乳がんの患者さんも結構いらっしゃるんだ」っていうようなことで、「なった以上は、これから前向きに治療に向かっていかなきゃいけないな」と思いましたね。
それから「2週間後にすべての検査の結果が出るので、家族と一緒に来てください」っていうことでした。もう絶対間違いないと確信しました。でも、先生は「大丈夫?」って逆に先生のほうがね、私を気遣ってくださいましたね。
そのときに、先生から資料を渡されました。「乳がんを宣告されたあなたに」。これを頂いたときに、100%そうだろうというふうに思いましたね。でも、このときの資料は、この日、見れなかったですね、何となく。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言