インタビュー内容テキスト

 エコーをしたときの技師の顔色がすごく変わって、びっくりして、何だ何だということで、医師が呼ばれて、これ、お乳(が張っているの)じゃなくて腫瘍性のもので、脇の下も診たら、もう先生は、言葉少ないんです。言葉少なになって、「これはおかしい」と言って。で、先生に問いただしても、「うん、ちょっと良くないかもしれない」。で、「複雑だから、ちょっと今は言えない。結果を待とう」ということで、そのときに「えー!」っていう。いや、がんがここに、しこりが、リンパ節に飛ぶっていうのは知ってたんですけれども、もしこのグリグリが乳腺炎によるものではなくて、がんによるものだとしたら、これ、ものすごくもう進行している。てことは、もし、がんだとしたら、既に初期ではない。ということは、助からないというふうに、自分の中でピッピッピッ…って何でしょうかね、飛んでしまって。
まあ「乳がんでも早く見つければ取ってしまえば治るし…」っていう、こう何て言いますかね、慰め、もう私には通用しないと。すでにここに飛んできて数ヶ月も放置しているから、もし、悪い細胞が出たら、もうアウト。「治療して治そう」っていう段階ではないっていうふうに、もう思ってしまって。そうですね、細胞診してから、結果が出るまでの1週間は、もうちょっと地獄というか、そういう自分で病気を調べる勇気も持てないし、とにかく「嘘でしょう?」というのと、「怖い」っていう1週間を過ごしまして。
それでも、何でしょうね、ママ友達との約束もあったし、子育ては待ったなしだし。まあ、ちょっと思い出したくないんです。今、そうですね、4年ぶりに思い出したんですけども。すごい辛い時期で。で、家族にも、ちょっとそうかもしれないということで。いろいろ、もしそうだったら、病院どうしようかと、ちょっと手配もいろいろ考えてもらって。
で、その結果が出るときには、主人も付いてもらって、行きました。で、細胞診1、2、3、4…あるんですけど、クラス4。まあ1、2だったら、がんじゃない。で、3、4は危ない。まあ3はちょっと微妙だけど、4、5はまず悪いだろうと。で、「4」って言われたんですね。ある程度覚悟してたんですけども、言葉も出なくって。ちょうどその日も、雨が降ってて、そうですね。病院から帰るまでの10分ぐらい傘を差しながら主人と、もう話ができない。何の言葉も発せられないっていう。で、こんなときに、まあ主人に助けてほしかったんですけど、「何かしゃべってよ」って言っても、もう自分と同じぐらいに主人も動揺して何を言っていいか分からない。放心状態で。まあ頼りにならないなと思ったんですけれども。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言