インタビュー内容テキスト

まず、初発のときに、まあそのがんの告知を受ける前にも本を読んでいるんですけど、多分、乳腺症だわって思ってたんですね。そのいろんな病気がある中で、やっぱりちょっと痛かったりとか、そういうことがあったりとかしたので、痛みがないって書いてあったんですよ、乳がんに関しては。でも、痛いから違うってやっぱり思ったりとかもして、その打ち消して、打ち消して、打ち消してっていう感じですね。
で、まあ告知を受けた後は、もうショックっていうのもありましたけど、どうしようっていうのが一番最初に思って、それは病気になってどうしようじゃなくて、今までやってきたことがあるわけじゃないですか。じゃあ、今日までやってきたことは明日からどうすればいいの?って、で、それをまず片付けなければっていうことを考えて、乳がんになっちゃったからっていうショックっていうことよりも、自分の人生全体を一遍に考えることになったことのほうが大きくて、病気自体ということよりも、病気によって失ったものがあまりにも大き過ぎちゃって、これからどうやって生きていけばいいんだろう?っていうことのほうが、私にはすごく大きかったんですね。
それがイコール病気になるっていうことかもしれないけど、その病気をどうしようとかは全然思わなくて、もう病気に関しては、もう病院を決めて治療をするっていうことで一つのラインができてしまっているけれども、病気の治療をすることが私の人生ではないので。じゃあ、昨日までできたことが明日からはできなくなって、じゃあ、何をして生きていけばいいんだろう?っていうことのほうが、一番大きかったんですね。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言