インタビュー内容テキスト

で、私の場合は、半年以上も自分で、「あ、そうかな? きっとそうだな」というふうに、ずっと思ってきましたので、で、ほとんど、自分では確信的に、こう思っていました。全く、その、痛みも何もないしこりが、徐々に大きくなっているっていう、それを、自分で、ずっとお風呂に入るたんびに、「ああ、行かなくちゃ、ああ、少し大きくなったな、ああ、3ヶ月前に比べると、これは明らかに大きくなっているな、きっとそうに違いない」と、そういうことはずっと思い続けてきていましたので(笑)、先生から、「がんですね」というふうに、聞いたときには、「ああ、やっぱり、そうか」というただそれだけでした。で、その後の、むしろ治療することによって、日常生活が、どれくらい、ダメージを受けるのか。何とか、今のその日常生活ですね。仕事その他のことを、続けながら、ちゃんとやっていけるだろうか。そのことが気になりました。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言