インタビュー内容テキスト

まあ、先生にとってみれば、別に、別にっていうか、専門だと、まあ、相手がね、みんながん患者じゃないですか。だから、まあ、告知なんていうのは普通でしょうけども、何か本当にあっさりと簡単に言われたもので、すごいびっくりでしたね。確か、あまり記憶が定かではないんですけども、確か、こう私が座ったら先生が前にいて、ここに、まあ、マンモグラフィとかの、エコーとかの画像があって。で、先生は「ああ」ってこう、見に行くわけですよ、画像を。こうやって近くに。なので、「ああ、これは乳がんだね」って、何かこの辺から(背後から)声がしましたよ(笑)。で、私も「えっ?」と思って。別に、まあ、先生は何か、それが何て言うのか、特別・・・(ではないかもしれないけど)。私にとってみれば、すごく衝撃だし、そんな、「えー、どこから…えっ? 今、何て言ったの?」みたいな感じでしたけど(笑)びっくりでした(笑)。もういとも簡単に言われてしまったので。
まあ、それが意外と、後々よかったのかなと思いますけどね。あまり深刻に、こう切り出されるよりも、「ああ、乳がんだよ。でも、切ったら大丈夫だから」っていうふうに言われちゃったほうが。まあ、最初の衝撃は大きいですけど、後々いいのかなあと思ったりはしますけど。はい。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言