インタビュー内容テキスト

最初のマンモトームの検査を聞きに行くときは、「家族もご一緒に」と言われてたんですが、私は1人で行ったんです。それは、待合室で、いつもその深刻な顔をした家族連れを見ていまして、何かこれは重病な、重大な病気だという雰囲気がありまして、そういう一員になりたくなかったんですね。それで、私は結果、1人で行ったんですけれど。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言