インタビュー内容テキスト

仕事場の人がちょうど辞めたときだったので、新しい人を育ててからじゃないと私は休めないっていう状態だったので、もうそっちを先に優先して、手術は1ヶ月半ぐらい延ばしたんですね。で、すぐ取れますよみたいな感じで、まあ1ヶ月半ぐらい延ばしたからといって、リスクはそんなに変わりはないということだったので。で、延ばしたんですが、まあ仕事場は派遣でもあるし、契約もまだあるので。でも、自分でも初めての経験なので、仕事できるかどうかっていうのは分からないので「辞めさせてください」とお話をしたんですけど、あのう、上司の部長の方が「戻ってきてくれ」と、「いつまでも待っている」って言ってくださって、それはすごい嬉しかったんですね。嬉しかったんですけれど、まあ結局は退院して戻るっていう話をしたときに、あの、降格させ…させられて、それで結局仕事は、私は辞めたんですけれど。
仕事に復帰をしたいと思ったので、待っててくださるということだったので、「復帰をするために抗がん剤とかを使うと、いろんな副作用とかが出て、仕事に行けない可能性もあるから、なるべくそういうのは避けて」、みたいな形で、「放射線も毎日5日間を5週間連続行かなければいけないので、ちょっと無理なのかなあ」、あるいは、仕事の、会社の近くの病院だったので、「休憩時間をそこ(放射線治療)に使わせてもらおうか」みたいな話をしていて。そこまで、考えていたんだけど、企業側は何も考えてくれなくて。結局、私を要らないような形で、復帰をするときに言われたりとかしたので。だったら初めから、辞めさせてくれていれば、もっとちゃんと治療はできたのかなとか思ったりもしますね。仕事があるので、手術も1ヶ月半延ばしたっていうのが、それが原因かどうかは分からないんですけれど、リンパまで転移していたので。うーん。何かバカだったかな…とか思いますね。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言