【臨床試験・治験の語りのことが、東京新聞で取り上げられました!】

こんにちは、DIPEx-Japan運営委員瀬戸山です。

11月にオープンになった臨床試験・治験の語りですが、メディアに取り上げられることが多いです。それだけ世の中的に、注目を集めるトピックということでしょうか。

今日は、東京新聞で取り上げられた記事についてのご紹介です。
(紙面では、メインリサーチャーの武藤さんの顔写真つきだったのですが、ここには顔出しはなくて、ちょっと残念)

 

臨床試験・治験について、本当に理解している人は、実は少ないのかもしれません。しかし、私たちが日常でお世話になる薬剤や医療品は、通常臨床試験・治験を経て、その安全性と有効性を確認されて、使えるものになっています。

その確認作業とは、どのようなものなのか。
そして参加した人、参加しなかった人、参加したかったのに参加できなかった人は、それぞれどのような思いを持っているのか・・・・。

ぜひ、ありのままの語りを感じてみて頂ければと思います。

★DIPEx-Japan臨床試験・治験の語りはこちらから★

DIPEx-Japan運営委員 瀬戸山陽子

【認知症VRについて取り上げたニュース映像はこちらで見られます!】

こんにちは、DIPEx-Japan運営委員瀬戸山です。

11月にオープンになった臨床試験・治験の語りですが、メディアに取り上げられることが多いです。それだけ世の中的に、注目を集めるトピックということでしょうか。

今日は、東京新聞で取り上げられた記事についてのご紹介です。
(紙面では、メインリサーチャーの武藤さんの顔写真つきだったのですが、ここには顔出しはなくて、ちょっと残念)

 

臨床試験・治験について、本当に理解している人は、実は少ないのかもしれません。しかし、私たちが日常でお世話になる薬剤や医療品は、通常臨床試験・治験を経て、その安全性と有効性を確認されて、使えるものになっています。

その確認作業とは、どのようなものなのか。
そして参加した人、参加しなかった人、参加したかったのに参加できなかった人は、それぞれどのような思いを持っているのか・・・・。

ぜひ、ありのままの語りを感じてみて頂ければと思います。

★DIPEx-Japan臨床試験・治験の語りはこちらから★

DIPEx-Japan運営委員 瀬戸山陽子

【今年最後のお知らせでしょうか。認知症をバーチャルリアリティで体験する・・・という試みです!】

こんにちは、DIPEx-Japan運営委員瀬戸山です。

11月にオープンになった臨床試験・治験の語りですが、メディアに取り上げられることが多いです。それだけ世の中的に、注目を集めるトピックということでしょうか。

今日は、東京新聞で取り上げられた記事についてのご紹介です。
(紙面では、メインリサーチャーの武藤さんの顔写真つきだったのですが、ここには顔出しはなくて、ちょっと残念)

 

臨床試験・治験について、本当に理解している人は、実は少ないのかもしれません。しかし、私たちが日常でお世話になる薬剤や医療品は、通常臨床試験・治験を経て、その安全性と有効性を確認されて、使えるものになっています。

その確認作業とは、どのようなものなのか。
そして参加した人、参加しなかった人、参加したかったのに参加できなかった人は、それぞれどのような思いを持っているのか・・・・。

ぜひ、ありのままの語りを感じてみて頂ければと思います。

★DIPEx-Japan臨床試験・治験の語りはこちらから★

DIPEx-Japan運営委員 瀬戸山陽子

【樋口さんの記事のご紹介!~認知症の人は「何もわからない」という大きな誤解~】

こんにちは、DIPEx-Japan運営委員瀬戸山です。

11月にオープンになった臨床試験・治験の語りですが、メディアに取り上げられることが多いです。それだけ世の中的に、注目を集めるトピックということでしょうか。

今日は、東京新聞で取り上げられた記事についてのご紹介です。
(紙面では、メインリサーチャーの武藤さんの顔写真つきだったのですが、ここには顔出しはなくて、ちょっと残念)

 

臨床試験・治験について、本当に理解している人は、実は少ないのかもしれません。しかし、私たちが日常でお世話になる薬剤や医療品は、通常臨床試験・治験を経て、その安全性と有効性を確認されて、使えるものになっています。

その確認作業とは、どのようなものなのか。
そして参加した人、参加しなかった人、参加したかったのに参加できなかった人は、それぞれどのような思いを持っているのか・・・・。

ぜひ、ありのままの語りを感じてみて頂ければと思います。

★DIPEx-Japan臨床試験・治験の語りはこちらから★

DIPEx-Japan運営委員 瀬戸山陽子

【自分がいま飲んでいる薬が、どうやって作られたか知っていますか?】

こんにちは、DIPEx-Japan運営委員瀬戸山です。

11月にオープンになった臨床試験・治験の語りですが、メディアに取り上げられることが多いです。それだけ世の中的に、注目を集めるトピックということでしょうか。

今日は、東京新聞で取り上げられた記事についてのご紹介です。
(紙面では、メインリサーチャーの武藤さんの顔写真つきだったのですが、ここには顔出しはなくて、ちょっと残念)

 

臨床試験・治験について、本当に理解している人は、実は少ないのかもしれません。しかし、私たちが日常でお世話になる薬剤や医療品は、通常臨床試験・治験を経て、その安全性と有効性を確認されて、使えるものになっています。

その確認作業とは、どのようなものなのか。
そして参加した人、参加しなかった人、参加したかったのに参加できなかった人は、それぞれどのような思いを持っているのか・・・・。

ぜひ、ありのままの語りを感じてみて頂ければと思います。

★DIPEx-Japan臨床試験・治験の語りはこちらから★

DIPEx-Japan運営委員 瀬戸山陽子

【12月18日、臨床試験・治験の語り公開記念シンポジウムにご来場ください!】

こんにちは、DIPEx-Japan運営委員瀬戸山です。

11月にオープンになった臨床試験・治験の語りですが、メディアに取り上げられることが多いです。それだけ世の中的に、注目を集めるトピックということでしょうか。

今日は、東京新聞で取り上げられた記事についてのご紹介です。
(紙面では、メインリサーチャーの武藤さんの顔写真つきだったのですが、ここには顔出しはなくて、ちょっと残念)

 

臨床試験・治験について、本当に理解している人は、実は少ないのかもしれません。しかし、私たちが日常でお世話になる薬剤や医療品は、通常臨床試験・治験を経て、その安全性と有効性を確認されて、使えるものになっています。

その確認作業とは、どのようなものなのか。
そして参加した人、参加しなかった人、参加したかったのに参加できなかった人は、それぞれどのような思いを持っているのか・・・・。

ぜひ、ありのままの語りを感じてみて頂ければと思います。

★DIPEx-Japan臨床試験・治験の語りはこちらから★

DIPEx-Japan運営委員 瀬戸山陽子

【先日の名古屋でのさくまさんと樋口さんの対談の様子です】

こんにちは、DIPEx-Japan運営委員瀬戸山です。

11月にオープンになった臨床試験・治験の語りですが、メディアに取り上げられることが多いです。それだけ世の中的に、注目を集めるトピックということでしょうか。

今日は、東京新聞で取り上げられた記事についてのご紹介です。
(紙面では、メインリサーチャーの武藤さんの顔写真つきだったのですが、ここには顔出しはなくて、ちょっと残念)

 

臨床試験・治験について、本当に理解している人は、実は少ないのかもしれません。しかし、私たちが日常でお世話になる薬剤や医療品は、通常臨床試験・治験を経て、その安全性と有効性を確認されて、使えるものになっています。

その確認作業とは、どのようなものなのか。
そして参加した人、参加しなかった人、参加したかったのに参加できなかった人は、それぞれどのような思いを持っているのか・・・・。

ぜひ、ありのままの語りを感じてみて頂ければと思います。

★DIPEx-Japan臨床試験・治験の語りはこちらから★

DIPEx-Japan運営委員 瀬戸山陽子

【レビー小体病の樋口さんよりお知らせ:「ヨミドクター」のコラムです。】

こんにちは、DIPEx-Japan運営委員瀬戸山です。

11月にオープンになった臨床試験・治験の語りですが、メディアに取り上げられることが多いです。それだけ世の中的に、注目を集めるトピックということでしょうか。

今日は、東京新聞で取り上げられた記事についてのご紹介です。
(紙面では、メインリサーチャーの武藤さんの顔写真つきだったのですが、ここには顔出しはなくて、ちょっと残念)

 

臨床試験・治験について、本当に理解している人は、実は少ないのかもしれません。しかし、私たちが日常でお世話になる薬剤や医療品は、通常臨床試験・治験を経て、その安全性と有効性を確認されて、使えるものになっています。

その確認作業とは、どのようなものなのか。
そして参加した人、参加しなかった人、参加したかったのに参加できなかった人は、それぞれどのような思いを持っているのか・・・・。

ぜひ、ありのままの語りを感じてみて頂ければと思います。

★DIPEx-Japan臨床試験・治験の語りはこちらから★

DIPEx-Japan運営委員 瀬戸山陽子

【レビー小体病当事者の樋口さんから、ラジオ出演のお知らせ~♪】

こんにちは、DIPEx-Japan運営委員瀬戸山です。

11月にオープンになった臨床試験・治験の語りですが、メディアに取り上げられることが多いです。それだけ世の中的に、注目を集めるトピックということでしょうか。

今日は、東京新聞で取り上げられた記事についてのご紹介です。
(紙面では、メインリサーチャーの武藤さんの顔写真つきだったのですが、ここには顔出しはなくて、ちょっと残念)

 

臨床試験・治験について、本当に理解している人は、実は少ないのかもしれません。しかし、私たちが日常でお世話になる薬剤や医療品は、通常臨床試験・治験を経て、その安全性と有効性を確認されて、使えるものになっています。

その確認作業とは、どのようなものなのか。
そして参加した人、参加しなかった人、参加したかったのに参加できなかった人は、それぞれどのような思いを持っているのか・・・・。

ぜひ、ありのままの語りを感じてみて頂ければと思います。

★DIPEx-Japan臨床試験・治験の語りはこちらから★

DIPEx-Japan運営委員 瀬戸山陽子

11月21日「当事者の語りに、耳を傾けるということ」対談イベントです@名古屋

こんにちは、DIPEx-Japan運営委員瀬戸山です。

11月にオープンになった臨床試験・治験の語りですが、メディアに取り上げられることが多いです。それだけ世の中的に、注目を集めるトピックということでしょうか。

今日は、東京新聞で取り上げられた記事についてのご紹介です。
(紙面では、メインリサーチャーの武藤さんの顔写真つきだったのですが、ここには顔出しはなくて、ちょっと残念)

 

臨床試験・治験について、本当に理解している人は、実は少ないのかもしれません。しかし、私たちが日常でお世話になる薬剤や医療品は、通常臨床試験・治験を経て、その安全性と有効性を確認されて、使えるものになっています。

その確認作業とは、どのようなものなのか。
そして参加した人、参加しなかった人、参加したかったのに参加できなかった人は、それぞれどのような思いを持っているのか・・・・。

ぜひ、ありのままの語りを感じてみて頂ければと思います。

★DIPEx-Japan臨床試験・治験の語りはこちらから★

DIPEx-Japan運営委員 瀬戸山陽子