重粒子線は身体に負担の少ない治療法と聞き、先端医療なので好奇心もあって受けた。治療費が一番の副作用だと思う

JW Player goes here

インタビュー46

診断時:65歳  インタビュー時:69歳(2009年2月)
首都圏在住。免疫細胞療法を行っている医療法人社団の理事。2004年秋に受けたPSA検査の値が13.1で、大学病院で生検を受けたところグリーソン・スコア3+4の前立腺がんが判明。重粒子線治療を受けることを前提にホルモン療法と免疫細胞療法を開始。2005年9月から5週間入院して重粒子線治療を受け、退院後も免疫細胞療法を受けた。それから3年以上経つが、今のところPSA値は0.35前後で安定している。

この人の語りを見る



重粒子線というのは、やはり新しい治療ですし、非常にお金も高い治療です。保険もききませんし。ただ、非常に体に負担のない、いわゆるがんの患部に行って直接そこで効果を発揮するという治療ですから、非常にそういう意味では、治療の後遺症とかそういうものは、あまりございませんのでね。それはそれで、まだ先端医療でしたし、そういう意味では免疫細胞療法も先端医療ですし、お金がね…やはり両方ともあんまり副作用ないよと言いますけど、お金がなくなるのが一番の副作用でね(笑)。やはり、先生を存じ上げていたとかですね、そういうもの(先端医療)にトライしてみようという好奇心もあったんでしょうねえ。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言

このページの先頭へ