インタビュー内容テキスト

その時に、結果をはっきり、「がんです」って言われた時に、「100パーセント、もう、がん、間違いないです」って言われた時、その時に、これからの方針の、治療方針の説明をされた時に「ご主人には?」って聞かれたんですね。ですから、「検査したことは言ってますけれども、結果は今日伺ったんで、今晩話すつもりです」というふうに言ったんですけれども。「ご主人にしっかり伝えてください」っていうふうに言って、「わたしも当然伝えますよ」とは言ったんですが、その夜、ちょっと仕事で、残業で遅く帰って来たんですが、主人の顔が、疲れてるかな、どうかな、なんて見て、帰ってくると、主人のほうから「結果はどうだったんだ」っていうふうに聞かれたんですね。それで、「うん…ねえ、驚かないで。落ち着いて聞いてね」って言ったんです。「やっぱり悪かったの?」っていうことで、「そう」とうなずいたんです。「手術するの?」っていう感じで、「いやいや、おそらく点滴やなんかの治療になると思う」って。「それ、何、何、何やるの?」って言うから、ってことで、その時「抗がん剤」って言ったんですね。「つまり、がんを小さくするために、まず、抗がん剤の治療を受けたあと手術になる」っていうふうに、「具体的なことは、また改めて相談するけど」っていうような感じで言ったんです。

主人は「手術したほうがいいんじゃないか」っていうような感じだったんですけど。早く取ったほうがいいっていうふうに思ったんでしょうけれども。まあ、「乳がんは全身のがんだから、まず抗がん剤を受けて、体のがんを、体のがんを殺す。あちこち殺したあと、手術になる」っていうような説明をしたんですね。まあ、主人がわかるように、丁寧に細かい、具体的に話したんですけども、主人は、「ああ、抗がん剤を受けるのか。それは入院するのか」っていうような感じで。で、「うん、1回目は入院する。2回目からはいらない。病院に通えば、通院すればいいんだから」っていうようなことを説明したんですね。で、「2年間?」とか言って、「まず7ヶ月間って、お医者さんには言われたけど」っていうように、具体的に、ひとつひとつ説明しました。

「病院に僕は一緒に行ったほうがいいの?」っていうようなことで、「大丈夫、大丈夫。わたし一人で行ける。通訳、一緒に行ってもらうわよ」っていうようなかたちで話した時に、主人もいろいろ考えたんでしょうね。次の日ですね、会社の上司に報告したらしいんです。「実は、妻が乳がんということがわかりました。これから入院したり治療したり、いろいろ必要になることがあります。ですから、しばらくの間は、残業はさせないで、定時、5時で帰れるようにしていただけますか」というように上司に話したんですね。上司からの理解も得られて、「奥さんを助けなきゃいけないよ」なんていう感じで、逆に、「奥さんのために」っていうふうに言われて。その時に、帰った日ですね、「明日から残業はしない」って言うんですね。「いや、まだ、今度治療が始まったあと、お願い」っていうような感じで言ったんですけどれも、とにかく、その上司の方も理解がすごくあって、そのお蔭で、主人も、いろいろわたしに気遣ってくれて。入院の時も、通院の時も、苦しい時もきちんと定時に帰って来てくれて、お掃除など、家の中のことをいろいろやってくれました。ほんとに助けてもらいました。やっぱり、その上司の理解ですね。そのお蔭だと思います。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言