インタビュー内容テキスト

わたしが、おかしいなって、最初、おかしいなって思った時が、小学校5~6年、5年ぐらいでしたね。で、実際にがんが見つかったのは、中学校入ったあとです。娘は。

――わかりました。じゃあ、娘さんには、どんなかたちで伝えられたのかってことも、ちょっと教えてください。

うーん、そのまま言いました。そのまま、がん。そしたら、「そう」だって。「あ、そう」って言ったんですね。中学の時、がんは詳しくわかんなかったのか、たまたま、自分に対しておじいちゃんですね。わたしの父ですよね。がんっていうのを見てたので、わたしも、こう、同じがんっていうような感じで見たかなー、と。まあ、どんなふうに考えたかわかりませんけれども、自分なりには、たぶん苦しいことたくさんあったと思うんですけれども、学校生活で忙しいってこともあったので。うーん。まあまあ、娘は娘の、思春期の、まあ、反抗期とかもあって、まあ、わたし自身もあんまり言わないで、「大丈夫よ。お母さん、大丈夫よ」っていうような感じで、うん。まあ、そのまんま言いました。うん。ま、主人は、いろいろ手伝ってくれたので、はい。それがあったお蔭で。はい。あと、犬がいたんですね。愛犬がいたので、それと遊ぶということも、精神的な面で楽になった、助けられたっていうふうに、ところがありますね。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言