インタビュー内容テキスト

その代わりに、病院のこと考えないように、病気のこと考えないようにして、仕事に戻ったほうがいいかな、というふうにも思ったんですけれども、やはり父のこともありますし。うーん、残念だけど、父は途中で亡くなったんですけれども、そのショックもあったんですね。実際に、自分も転移して、母が1人残ったんですけれども、母のためにも先に自分が死ぬようなことではならない。母より先に死ぬようなことがあってはならない、というふうに、自分の中で、気を付けよう、注意しよう、悪いことは考えないようにしよう、というふうに思って。とにかく、悪いことは考えないように、楽しいことだけを考えればいいというふうに思って。また、主人に言われたんですね。「そんな、あんまり考えるんじゃないよ」って。「楽しいこと、旅行に行きなさい」とか、そんなふうに主人が言ってくれたんですね。「あ、旅行も楽しいからいいわね」なんていうことで、友達と一緒に行ったりとか。

とにかく、楽しいことを考えよう、悪いことのほうに気持ちがいかないように、いつもいつも、楽しいこと、楽しいことっていうふうに考えるようにしてました。やはり、やっぱり葛藤はあるんですね。胸の中で。心の中で、大丈夫っていうのと、悪くなるんじゃないかっていう、その葛藤、揺れ動きですかね。そういうのが常にありました。そんな繰り返しでしたね。実際に、今も、実は不安はあるんです。8年たちましたけれども、転移の不安っていうのは、いつもあります。どこかにあります。でも、「うん、大丈夫。自分を信じて大丈夫。大丈夫ということを信じて、前向きにならなきゃいけない」と思って。まあ、この、そんな感じですね。で、今まできました。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言