インタビュー内容テキスト

まあ、その時は、(抗がん剤の)効果がなかったので、先に手術すれば良かったかな、と、確かに思うこともありました。でも、今思うと、今、元気だというのは、もしかしたら、ま、わたし個人的な考え方ですよ。個人的な考え方ですけども、この抗がん剤を受けた時に、体全身に回りますよね、それは。見えないところで、何かがんが、見えないがんっていうのは消えてたんじゃないか。その効果が、そういう効果はあったんじゃないかなっていうふうに自分で思ってるんですね。だから、今、これだけ元気なんだっていうことですね。転移もなく。

この体なのは、確かに、腫瘍(しゅよう)、ここだけ、腫瘍の部分だけは効果がなかったかもしれないけども、それは手術で取ったんですね。で、放射線の効果もあった。見えるところは、とにかく手術で取った、と。ただ、転移、見えないところは、手術の前の抗がん剤が、その効果があったんじゃないかなーって、いいほうにいいほうに、自分としては、そういうふうに思うようにしてます。思っています。だから、今思えば、それをやって良かったな、と思っています。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言