※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー37

インタビュー時:50歳(2017年2月) 疼痛期間:20年  診断名:右脳被殻出血、
右顎関節症。
甲信越地方在住の女性。一人暮らし。45歳の時に脳出血により、左半身不全麻痺になり、現在も左半身全体に強い痛みとしびれがある。強い痛み止めを飲んでいるため、足の指の骨折にも気がつかないほどである。さらに20年来の顎関節痛があり、口腔外科も受診している。現在は、頓服の痛み止めを使い、訪問看護などのサポートを受けて日常生活はなんとか自立できている。就労支援の一環で、革で小物を作る作業をしており、好きなことに集中していると一時でも痛みから気をそらすことができる。

詳しいプロフィールを見る

動かしてないと――あ、みんなこれ、リハビリ来ている人、言うんですけれども、動かさないことへの恐怖感、プレッシャー。うん。動かすのはつらいんです。痛いし。でも、動かさないと、もっと痛くなるっていうプレッシャー。で、みんなね、やりすぎちゃってね、うん、あの、余計壊しちゃう人って結構いるんですって。やりすぎるな。そう。この方言で言うと「やりすぎるなしよ」(笑)、「無理するなしよ」って。無理しないでねって、やりすぎないでねって、みんなね、言ってくれるんです。私の年齢だと、そこへ通っているリハビリでは一番若いほうなので、あの、若気の至りで頑張りすぎちゃっているようにも見えるらしいんですよね。みんな頑張りすぎて1回壊している経験を持っていたりする人も――みんなじゃないよね、でもそういう人たちもいるので。で、頑張りすぎた結果、あの、転んで骨折ったとか、またもっともっと大変な思いしてやり直してきたりとかって、そういう経験を持っている人もいるので。痛いよな、痺れるよな。天気によっては、今日はみんな動かんって言っていますみたいな日とかね(笑)。そういうような中でやっぱり動かさなきゃ、動かしたいって。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#10891 (17) { ["term_id"]=> int(93) ["name"]=> string(42) "リハビリテーション:理学療法" ["slug"]=> string(4) "riha" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(93) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(22) ["count"]=> int(10) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "3" ["cat_ID"]=> int(93) ["category_count"]=> int(10) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(42) "リハビリテーション:理学療法" ["category_nicename"]=> string(4) "riha" ["category_parent"]=> int(22) } }
同じテーマの語りを見る