年別アーカイブ: 2012年

お知らせ

7月21日(土)公開フォーラム「がんを生き 病いを語る」を開催します。

【DIPEx-Japan第4回総会記念シンポジウム】
がんを生き 病いを語る
患者の語りがもたらすもの~前立腺がんの語りから~

終了いたしました。

ディペックス・ジャパンが、がん患者の体験談・語りデータベースの構築に着手して今年で丸5年。
ようやく「乳がんの語り」に加えて、「前立腺がんの語り」ウェブページも完成しました。約50名の前立腺がん経験者が、自らの病気体験を自らの言葉で語ってくださいました。
これを記念して、泌尿器科医・国立がん研究センター名誉総長でもあり、がんを患う最愛の奥様をご自宅で看取られた、垣添忠生さんをお招きし、「がんと人間と社会」をテーマにお話しいただきます。

日時 2012年7月21日(土)13:00~16:00 (受付開始12:30~)
場所 浜離宮朝日ホール・小ホール(朝日新聞東京本社・新館)
(最寄駅:都営大江戸線・築地市場駅下車A2出口3分/
JR新橋駅汐留口より徒歩15分)
定員 200人
参加費 会員 無料/非会員 1,000円(資料代含む)

プログラム

ご挨拶

13:00  別府宏圀(DIPEx-Japan理事長)

【第1部】13:10~14:15

講演「がんと人間と社会」
垣添忠生(国立がんセンター名誉総長)

かきぞえ ただお 1941年生まれ。東京大学医学部卒業。1975年から国立がんセンター病院勤務。
2002年に総長に就任。2007年に退職し名誉総長。(財)日本対がん協会会長。
『前立腺がんで死なないために』『患者さんと家族のためのがんの最新医療』など著書多数。
定年を迎え「妻とのんびり過ごしていこう」と思った矢先、最愛の夫人をがんで失う。
一年半にわたる看取りとその後の絶望感、どん底から立ち直るまでの道のりを赤裸々に綴った著書『妻を看取る日』が話題に。

【第2部】14:30~15:20

「前立腺がんの語りウェブページ完成報告」澤田明子(DIPEx-Japan)
「前立腺がんと私」中島正昭/吉田道雄(前立腺がん体験者)

【第3部】15:20~16:00

パネルディスカッション 垣添忠生/中島正昭/吉田道雄

参加申し込み方法

下記事務局宛に氏名・連絡先・会員/非会員の別を明記の上、お申し込みフォームもしくはFAX、メールにてお申し込みください。
当日参加も可能です。

ディペックス・ジャパン事務局

お申し込みフォーム
FAX:03-5568-6187
E-mail:forum2012@dipex-j.org
お問合わせ:050-3459-2059(平日10~16時)

お知らせ

3月24日(土)市民公開講座「認知症本人と家族介護者の語り」が開催されます。

【市民公開講座】
認知症本人と家族介護者の語り~病いの語りを医療・暮らしに活かす

終了いたしました。

日時 2012年3月24日(土)13時30分~16時30分(13時より受付開始)
場所 富山国際会議場 多目的会議室201・202・203
参加費 入場無料(定員200名)
主催 富山大学医学薬学研究部 老年看護学講座
寄附部門 在宅看護学講座
後援 NPO法人健康と病いの語りディペックス・ジャパン
富山県 富山県看護協会 NHK富山

【プログラム】

開会の挨拶(13:30~13:35)
富山大学医学薬学研究部 教授 竹内登美子

特別講演:「認知症の診断と治療」 (13:35~14:30)
岐阜薬科大学 薬物治療学/神経内科学 教授 保住功
【座長】富山大学医学薬学研究部 老年看護学講座准教授 新鞍真理子

講演1「健康と病いの語り ディペックス・ジャパンの活動」(14:30~15:00)
NPO法人 ディペックス・ジャパン事務局長 佐藤(佐久間)りか

講演2「若年性アルツハイマー病を生きる~当事者の声~」(15:00~15:50)
元東大教授/脳神経外科医 若井晋・克子夫妻
【インタビュアー】 東京理科大学薬学部 教授 後藤恵子

講演3「認知症高齢者の家族介護者の語り~複雑な感情・思い・発見~」(15:50~16:30)
富山大学医学薬学研究部 教授 竹内登美子

閉会の挨拶 (総合司会) (16:30)
三重県立看護大学 教授 岡本恵里

当日参加も可能ですが、なるべく事前に下記にご連絡ください。
宛先:kango@pcojapan.jp FAX076-428-9156
氏名・所属・住所・電話番号をお送りください。