年別アーカイブ: 2014年

お知らせ

7月20日(日)国際シンポジウム「病いの語りが医療を変える~患者体験学の創生」を開催します。

終了いたしました。

【国際シンポジウム】
病いの語りが医療を変える~患者体験学の創生
The Emerging Field of Health Experiences Research

「患者主体の医療」を実現するための新たな学問領域として、「患者体験学」(Health Experiences Research)の創生を提案します。

DIPEx(Database of Individual Patient Experiences)は、健康と病いをめぐる「語り」(体験談)を質的研究の手法を用いて収集・分析して構築されたデータベースです。英国から始まって世界13ヵ国に広がり、日本では広く社会資源として、患者さんやご家族の支援や医療者の教育に活用できるよう、「健康と病いの語りデータベース」という名前で、インターネット上に公開されています。

このDIPExが核となって、いま「病いの体験」を体系的に研究する学問領域が生まれようとしています。この「患者体験学」Health Experiences Researchという学際的な新領域は、患者、医療関係者、介護福祉関係者、保健行政担当者、教育関係者、納税者・被保険者としての一般国民など、多様なステークホルダーが、限られた財源のもとで患者主体の医療をどのように実現していくかを議論するためのプラットホームとなります。

本シンポジウムでは、DIPExの生みの親アンドルー・ヘルクスハイマー氏、Oxford大学のHealth Experiences Research Groupを率いるスー・ズィーブランド氏、世界各地でデータベース構築に取り組む人々の共同体であるDIPEx International理事長のガブリエル・ルチウス=ホェーネ氏の講演に加え、各国の「患者体験学」の取り組みを紹介します。

日時 2014年7月20日(日)13時~18時
場所 京都大学吉田キャンパス・芝蘭会館 稲盛ホール
(市バス206・201・31系統「京大正門前」より徒歩2分)
参加費 非会員5,000円/ディペックス・ジャパン会員3,000円/
学生1,000円(社会人学生を除く)
主催 認定NPO法人 健康と病いの語りディペックス・ジャパン
協賛 一般財団法人 国際医学情報センター/NPO法人 医学中央雑誌刊行会

申込方法

下記事務局宛に氏名・所属・連絡先・会員/非会員の別を明記の上、7月18日(金)までにお申し込みフォームもしくはFAX、メールにてお申し込みください。

ディペックス・ジャパン事務局:

お申し込みフォーム
FAX:03-5568-6187
お問合わせ:050-3459-2059(平日10-16時)

プログラム

13:00~13:10
 開会の辞:別府宏圀(ディペックス・ジャパン理事長、医師)

13:10~14:10<第1部> (逐次通訳・質疑応答あり)
 基調講演:Andrew Herxheimer氏(DIPEx共同創始者、コクラン・センター名誉フェロー、医師・臨床薬理学者)
 「人間にとっての言葉の重要性~計数と測定を超えて」
 Humans need words – counting and measuring is not enough

――(休憩10分)――

14:20~16:20 <第2部> (逐次通訳・質疑応答あり)
 講演1: Sue Ziebland氏(Oxford大学Health Experiences Research Groupリサーチディレクター、医療社会学者)
  「保健医療政策とサービス向上に向けた病いの語りの質的二次分析」
  Secondary qualitative analysis of health experience narratives for health policy and service improvement
 講演2:Gabriele Lucius氏(Freiburg大学心理学研究所教授、DIPEx International代表、医師・心理学者)
  「世界中の病いの語り:個人的な経験を国際的な保健研究の資源に」
  Illness stories all over the world: personal experiences as a resource for cross-cultural health research

――(休憩10分)――

16:30~17:55 <第3部> (通訳なし)
 実践報告:世界各地のDIPExプロジェクト進捗状況
 英国・日本・ドイツ・スペイン・韓国・カナダ・オーストラリアから

17:55~18:00
 閉会の辞:中山健夫(京都大学大学院医学研究科社会健康医学系専攻健康情報学分野・教授)

お知らせ

7月6日(日)シンポジウム「もっと知りたい認知症Q&A~体験者の声から学ぶPart2」を開催します。

【公開シンポジウム】
「もっと知りたい認知症Q&A~体験者の声から学ぶPart2」

シンポジウム「もっと知りたい認知症Q&A~体験者の声から学ぶPart2」

「認知症本人と家族介護者の語り」ウェブページをご存知ですか?7人の認知症ご本人と35人の家族介護者が、認知症と向き合いながら過ごす日々の生活について語ったインタビューの記録を、動画と音声でお届けしています。
公開1周年を迎えてさらに充実したウェブページをご紹介するとともに、語りの中から拾い出された患者さんや介護家族の不安や疑問について、認知症に詳しい異なる立場の専門家にアドバイスをいただきます。

日時 2014年7月6日(日)13:30~16:30(13:00受付開始)
場所 東京大学農学部・弥生講堂(一条ホール)
東京メトロ南北線「東大前」より徒歩1分/
東京メトロ千代田線「根津」より徒歩8分/
東京メトロ丸の内線「本郷三丁目」より徒歩12分
参加費 非会員1,000円/ディペックス・ジャパン会員500円
共催 科学研究費助成事業(基盤C)「「認知症本人と家族支援のための
Webサイト」の充実と教育的活用の効果に関する研究」研究班
(代表者:竹内登美子)
認定NPO法人健康と病いの語りディペックス・ジャパン

プログラム

第1部:認知症本人と家族介護者の語りウェブページのご紹介

後藤惠子(東京理科大学薬学部教授)

第2部:もっと知りたい認知症Q&A

「認知症本人の気持ちを知りたい!」「認知症の薬、どこまで期待できる?」
「虐待・介護うつに陥らないためには?」「ケアの工夫やコツを教えて!」ほか

内海久美子(砂川市立病院精神科部長)
干場 功(若年性認知症家族会「彩星の会」顧問)
井口高志(奈良女子大学生活環境科学系・准教授)
(司会)竹内登美子(富山大学大学院医学薬学研究部教授)

ディペックス・ジャパン事務局

お問合わせ:050-3459-2059 (平日10-16時 受付)
(残席はございますので、直接会場にお越しください)

お知らせ

3月16日(日)シンポジウム「このままでいいのか?大腸がん検診」を開催します。

【厚生労働科学研究補助金第3次対がん総合戦略研究事業 公開シンポジウム】
このままでいいのか?大腸がん検診―「大腸がん検診の語り」とそこから見えてくるもの―

終了いたしました。

シンポジウム「このままでいいのか?大腸がん検診」

「あなたの大腸がん検診の体験について話してください」とお願いして、35人の方にお話を伺いました。すると、毎年受けていた便潜血検査が大腸がん検診だとは知らなかった人、毎年陽性でも痔のせいにして精密検査を受けていなかった人、女性は大腸がんにかかりにくいと思っていた人…大腸がん検診に対するさまざまな思いや思い込みが明らかになってきました。本シンポジウムでは「大腸がん検診の語り」データベース構築プロジェクトの概要をご紹介し、そこから見えてくる大腸がん検診のあり方について話し合います。

日時 2014年3月16日(日)13:30~16:30(13:10受付開始)
会場 泉ガーデンコンファレンスセンター Room1
東京都港区六本木1-6-1泉ガーデンタワー7F
「六本木一丁目駅」直結(南北線)
「神谷町駅」4b出口徒歩6分(日比谷線)
「溜池山王駅」13番出口徒歩7分(銀座線・南北線)
「六本木駅」5番出口徒歩9分(日比谷線・大江戸線)
参加費 無料
定員 102名(先着順)

プログラム

開会の辞

 NPO法人健康と病いの語りディペックス・ジャパン理事長 別府宏圀

第1部:13:35~14:55

「何のための検診か? 医学と社会学から見た大腸がん検診」
  東京都がん検診センター 消化器内科部長 入口陽介
  早稲田大学人間科学学術院 助手 鷹田佳典

第2部:15:10~16:30

「パネルディスカッション:大腸がん検診の語りとそこから見えてくるもの」
  司会:電気通信大学女性研究者支援室 特任准教授 菅野摂子
   慶應義塾大学環境情報学部・医学部 准教授 秋山美紀
   東京都がん検診センター 消化器内科部長 入口陽介 
   早稲田大学人間科学学術院 助手 鷹田佳典

お申し込み方法

参加ご希望の方は下記事項をご記入いただき、メールでお申し込みください。

 ・ 氏 名(フリガナ)
 ・ 所属機関
 ・ メールアドレス

お申し込み用アドレス:forum_kenshin(アット)dipex-j.org   (アット)を@に置き換えてください。

※件名欄に「大腸がん検診シンポジウム申込」とご記入ください。折り返し受付完了メールを返信致します。

主催:平成25年度厚生労働科学研究費補助金(第3次対がん総合戦略研究事業)【国民のがん情報不足感の解消に向けた「患者視点情報」のデータベース構築とその活用・影響に関する研究】班(研究代表者・中山健夫)
協賛:特定非営利活動法人健康と病いの語りディペックス・ジャパン