お知らせ

7月31日(金)日本人間ドック学会市民公開講座「がん検診を知ろう~あなたが主人 公となるために」が開催されます

終了しました

日本人間ドック学会市民公開講座
「がん検診を知ろう! あなたが主人公となるために」

日本人間ドック学会市民公開講座「がん検診を知ろう~あなたが主人 公となるために」

ディペックス・ジャパンが企画する市民公開講座です。
日頃、私たちは職場健診・住民健診などで自分の身体の状態をチェックしています。
このデータにはどんな意味があるのだろう? 他に必要な検査は?
本当に健康に役立っているのだろうか? その根拠は?
検査の内容やその意味付けは、医学の進歩や周辺技術の影響を受けて、時代とともに
変化します。
がん検診を中心に、検診を受ける側の視点から、その意味を一度考えてみませんか?

日時 7月31日(金) 13:00~16:00
場所 パシフィコ横浜 5階503 第3会場
定員 390名(事前応募による申込制、空席状況により当日参加も可)
主催 医療法人社団 相和会

プログラム

シンポジウム「がん検診を知ろう」
座長:隈本邦彦

「検診で病期を見つけることの意味とは?」
 隈本邦彦(江戸川大学メディアコミュニケーション学部教授)

「番組収録で見つかった大腸がん」
 原元美紀(テレビ朝日「モーニングバード」リポーター)

「私が大腸がん検診を受ける理由、受けない理由」
 鷹田佳典(早稲田大学人間総合研究センター招聘研究員)

「がん検診は誰のために:エビデンスとナラティブを通して」
 中山健夫(京都大学大学院医学研究科健康情報学分野教授)

申し込み方法についてはこちらをご覧ください。
http://convention.jtbcom.co.jp/56jsnd/prog_public.html
当日受付もございます。