お知らせ」カテゴリーアーカイブ

お知らせ

2021年度の教育的活用の実態調査の結果をアップしました!

医学教育モデルコアカリキュラムでも取り上げられている「健康と病いの語りデータベース」は、広く医学・看護学・薬学領域の教育に活用されています。
公開されている語りについてはどなたでも無料でご利用いただけますが、語り手の皆さんから貴重な体験談をお預かりしている立場から、どのように活用されているかの実態を把握するため、教育や講演、研究に活用される方々にはアンケートへのご協力をお願いしています。

このほど2021年度のアンケート調査の結果を「健康と病いの語り」教育的活用ウェブサイトのほうにアップしました。
この年は84件の利用申し込みがあり(申し込みせずに使ってしまっている方も少なくないとは思いますが)、そのうちの46件からアンケートのご返信をいただきました。

活用目的の約7割が学生教育、約3割は専門職の研修、市民向けの講習会等となっています。
学生教育の内訳は、看護がもっとも多く、医学、薬学、理学療法など医療系、福祉系が8割近くを占めています。
集計結果(2021年度、n=46)の詳細はこちらをご覧ください。

アンケートにご協力くださった皆さま、ありがとうございました。

お知らせ

医学教育モデルコアカリキュラム(令和4年度改訂版)に教材として紹介されました!

今年11月に公開された医学教育モデルコアカリキュラム(令和4年度改訂版)の中で、「プロフェッショナリズム教育」に有用なナラティブ教材としてDIPExが紹介されています。 
今回の改定で新たに章立てされた「第3章 学修方略・評価」の中の114ページです。

とっても小さい字ですので見落としてしまいそうですが、設立15周年にしてようやくこうした評価がいただける
ようになったというのは感慨深いです。

お知らせ

「新型コロナウイルス感染症患者・家族の語り」インタビュー協力者募集!

現在公開中の「新型コロナウイルス感染症の語り」はまだパイロット版です。
第1波から第7波まで(まもなく第8波も来そうですが)を網羅して、様々な立場の方の様々なコロナ体験を知ることができるオンラインデータベースを目指して、お話をしてくださる方を探しています。
特にご協力をいただきたいのは以下の方々です(但し18歳以上に限られます)。
・後遺症経験者
・ICU経験者
・コロナ医療に関わっていて、ご自身が感染された医療従事者
・コロナによってご家族を亡くされた方

詳しくはこちらをご覧ください。

お知らせ

DIPEx-Japan設立15周年記念シンポジウム「病いの語りから、今、何を学ぶのか?」を開催します

終了しました。多くのご参加ありがとうございました。

認定 NPO 法人健康と病いの語りディペックス・ジャパンは、
2022 年に設立 15 周年を迎えました。
この 15 年の間に「患者中心の医療」や「患者参画」、
「ナラティブ・ベイスト・メディスン」といった言葉が広く使われるようになり、
患者の声、当事者の思いに寄り添うことを目指す様々な動きが広がってきました。

特にコロナ禍で医療系の学生が患者と直接触れ合う機会が減ったここ数年、
「健康と病いの語り」は医療者教育でも盛んに用いられるようになっています。

このような中で、改めて今、考えたい問いがあります。
当事者の「語り」を医療者教育に活用するとはどういうことなのか?

地域に出て人々の語りに触れながら医療を考える医師、
理論社会学の立場から病いの語りに向き合う研究者、
自らを語ることで社会を変えていく当事者研究の研究者、
さらにはディペックスのインタビューを受けた当事者や
そのインタビューを担当した看護教員など、
さまざまな立場の方とともに、
私たちが「語り」から何を学べるのか、議論を深めていきたいと思います。

皆様、貴重な機会をお見逃しなく!

=========================================
【テーマ】DIPEx-Japan設立15周年記念シンポジウム「病いの語りから、今、何を学ぶのか?」
・日時 2022年10月29日(土)13時30分~17時20分
・場所 聖路加国際大学本館講堂アリスホール、ハイブリッド形式
・参加費 1000円
・定員 会場100名、オンライン120名
 ※会場参加者にはDIPEx-Japanの活動の原点ともいえる講演会シリーズ
 「病いの語りを考える」の記録集を謹呈いたします。

【登壇者(五十音順・敬称略)】
射場典子(聖路加国際大学、DIPEx-Japan)
熊谷晋一郎(東京大学先端科学技術研究センター)
鈴木智之(法政大学 社会学部 社会学科)
孫大輔 (鳥取大学医学部 地域医療学講座)
長坂由佳(キャンライフ、DIPEx-Japan)
水野光 (錦秀会インフュージョンクリニック、DIPEx-Japan)
司会・瀬戸山陽子 (東京医科大学、DIPEx-Japan)
※登壇者は全員現地参加の予定です。

【参加申し込み】下記、Peatixにてお申し込み下さい。
https://illness-narratives.peatix.com/

主催:認定NPO法人健康と病いの語りディペックス・ジャパン
お問合せ:office(at)dipex-j.org <–(at)を@に変えてください。
=========================================

お知らせ

「障害のある看護学生と看護職の語り」募集中!

現在インタビューに協力いただける方を募集中の「障害のある看護学生と看護職の語り」プロジェクトは、既に公開されている「障害学生の語り」ウェブページ(2021年1月公開)に追加する形で動画や音声、テキストなどで公開します。詳しくは以下をクリックしてください。
障害のある看護学生と看護職の語り

お知らせ

「新型コロナウイルス感染症の語り」パイロット版を公開しました!

本日「健康と病いの語り」8つ目のデータベースとして「新型コロナウイルス感染症の語り」ウェブページ(パイロット版)を公開しました。

これは「新型コロナウイルス感染症の語りデータベース」構築に向けた予備調査として、2021年1月~3月に行われた10名の患者さんとご家族へのインタビューにもとづいて作られた「パイロット版」データベースです。

通常ディペックス・ジャパンでは一つの疾患について35~50名のインタビューをご紹介していますが、現在このパンデミックが私たちの日常に与えている大きな影響を考えると、早く結果を共有すべきと判断し、10名分のパイロット版を公開することにしました。詳しい経緯については、「新型コロナウイルス感染症の語り(パイロット版)開設にあたって」をご覧ください。

このパイロット版では、2020年3月から2021年1月までの間で、新型コロナウイルスに感染された患者8名(男女各4名)と患者家族2名(男女各1名)にインタビューした内容を分析し、自分や身近な人が感染したら、どういうことが起こるのか、これまであまりメディア等で報道されていない話題にも注目して、7つのテーマをピックアップしてご紹介しています。

感染の経路
症状の始まり
急性期の主たる症状
感染者の不安と苦悩
仕事・職場への影響
幼い子どもとコロナ感染
感染後の人生観・世界観

本調査は現在も進行中です。さらに30名程度のインタビューを追加して、フルスケールのデータベースを来年春に公開することをめざしています。インタビュー協力者を募集中です。インタビューに協力していただける方はこちらからどうぞ

お知らせ

「認知症の語り」ウェブページを更新しました!

2013年7月に最初に公開された「認知症の語り」は、これまでも何度か情報を追加更新してきましたが、このたび新たなトピックとして「前頭側頭型認知症に特徴的な症状:常同行動・無関心/無気力・脱抑制など」を追加したほか、既存のトピックにおける言葉使いについて、認知症の人の尊厳を傷つけるような表現がないかどうかという観点から見直しを行いました。
例えば、「徘徊」は“ひとり歩きや散歩”と表現を言い換えています。「不穏」は“不安等で落着かない様子”に、「暴力」は“乱暴な振舞い”と言い換えました。
さらに「認知症患者」「家族介護者」という表現も、家族の中に「病人」と「介護者」という役割を固定化させることにつながることから、表現を改めました。
また、度々変更される制度についての補足や、最新の制度が理解できるようにリンク先の確認も行いました。

お知らせ

ビデオ「災害から認知症の人を守れるまちづくりを考えよう」をアップしました

2019年秋に相次いで千葉県・長南町を襲った風水害の体験を振り返り、認知症の人を含む災害弱者を守るために住民主体でできることを考えるきっかけ作りにしようと作られたビデオです。

2020年8月には「災害から認知症の人を守れるまちづくりを考える『みんなの語り場』」と銘打って、長南町の方々14名とDIPEx-Japanのメンバー5名がオンラインで一堂に会し、このビデオを視聴しながらディスカッションを行い、当時の自分たちの行動を振り返ったり、今後に向けての意見を交わしたりしました。

この1年は人々の関心が新型コロナウイルス感染症に向かってしまいがちでしたが、そんな中でも台風や集中豪雨による自然災害は待ってくれず、昨年も各地で被害が出ました。そして今年も災害の季節が近づいてきました。貴重な語りをより多くの方々と共有して、他の地域の皆さんにも、次の災害に備える手がかりにしていただければと、こちらに公開することにいたしました。

ビデオは3部構成になっています。第1部は「かぜ台風」と呼ばれた台風15号の体験で、長引く停電が認知症の方にどのような影響を及ぼすかについての語りが紹介されています。第2部は東日本全体に甚大な被害を及ぼした台風19号の体験です。この時町は初めての避難勧告を出しましたが、多くの人はどこに、どういうタイミングで避難すればいいか迷ったことについて話しています。さらに第3部では町民2名の人命を奪った、10月25日の房総豪雨で被災した介護施設の方の体験談です。

それぞれのセクションが終わるところで、キューになるような質問が出されますので、そこでいったんビデオを止めて、自分だったらどうするか、自分のまちではどんなところが危ないと思うか、などディスカッションする、といった使い方が可能です。

無償でお使いいただけますが、教育機関や地域の勉強会、ワークショップなど公の場でお使いになる場合は、その旨をひと言こちらからご連絡いただけましたら幸いです。

なお、このビデオは「認知症まちづくり基金」よりbe Orange2019年採択プロジェクトとして助成を受けて作成されました。プロジェクト全体(準備段階から実際の「語り場」の実施に至るまで)についての報告書はこちらになります。

お知らせ

医学教育シンポジウム「医療におけるアートとは? ~人への”構え”の視点から」を開催します!

終了しました。

“The practice of medicine is an art, based on science.” 
医療はサイエンスにもとづくアートである

 

近代医学の父と呼ばれるオスラーのこの言葉はたびたび書物に引用されています。現在、科学的データの蓄積が進みつつある新型コロナウイルス感染症の拡大と向き合うために、今こそ医療におけるアート(わざ・技法)が求められているのではないでしょうか。

本シンポジウムでは、医療におけるartを考えるための概念として、医療と同じく人に相対するための“技”(対人技法)である武術から「構え」というキーワードを借りて思考を巡らせることにしました。

「推手」という太極拳の練習法では向かい合った二人がお互いの腕に触れあわせた状態で、一定の速度で決められた動作を組み合わせて動き続けます。ゆっくりとした動きの中で触れ合った自分と相手の力の質、方向・スピード・どこを使って力を出しているかをよく見極めることで、相手が力で押してきても容易には倒されません。逆に変に力が入ってしまうと簡単に体勢を崩されてしまいます。

真の武術の「構え」は「構えてしまわないこと」です。人と向きあい、相手の心身の状態、変化に即応していく能力が医療者にも求められます。

医療のアートを武術に結びつけるという本企画のために、医療者教育に深い実践経験を持つ方々と、武術における身体技法とその習得について社会学の立場から研究されている方が、それぞれ自由に発想を膨らませ、医療のアートに新しい視座を提供するべく議論します。

ぜひ皆様、この貴重な機会をお見逃しなく!

日時: 2021 年 7 月 10 日(土)13~16 時
プラットフォーム:  Zoom ミーティング
形式:  パネルディスカッション 定員:80 名
参加費:  1000 円
※Peatix にてチケットを購入した時点で申し込みが完了します。
申込先:https://art-in-medicine.peatix.com/view
お問合せ:https://www.dipex-j.org/contact