お知らせ」カテゴリーアーカイブ

お知らせ

医学教育シンポジウム「医療におけるアートとは? ~人への”構え”の視点から」を開催します!

“The practice of medicine is an art, based on science.” 
医療はサイエンスにもとづくアートである

 

近代医学の父と呼ばれるオスラーのこの言葉はたびたび書物に引用されています。現在、科学的データの蓄積が進みつつある新型コロナウイルス感染症の拡大と向き合うために、今こそ医療におけるアート(わざ・技法)が求められているのではないでしょうか。

本シンポジウムでは、医療におけるartを考えるための概念として、医療と同じく人に相対するための“技”(対人技法)である武術から「構え」というキーワードを借りて思考を巡らせることにしました。

「推手」という太極拳の練習法では向かい合った二人がお互いの腕に触れあわせた状態で、一定の速度で決められた動作を組み合わせて動き続けます。ゆっくりとした動きの中で触れ合った自分と相手の力の質、方向・スピード・どこを使って力を出しているかをよく見極めることで、相手が力で押してきても容易には倒されません。逆に変に力が入ってしまうと簡単に体勢を崩されてしまいます。

真の武術の「構え」は「構えてしまわないこと」です。人と向きあい、相手の心身の状態、変化に即応していく能力が医療者にも求められます。

医療のアートを武術に結びつけるという本企画のために、医療者教育に深い実践経験を持つ方々と、武術における身体技法とその習得について社会学の立場から研究されている方が、それぞれ自由に発想を膨らませ、医療のアートに新しい視座を提供するべく議論します。

ぜひ皆様、この貴重な機会をお見逃しなく!

日時: 2021 年 7 月 10 日(土)13~16 時
プラットフォーム:  Zoom ミーティング
形式:  パネルディスカッション 定員:80 名
参加費:  1000 円
※Peatix にてチケットを購入した時点で申し込みが完了します。
申込先:https://art-in-medicine.peatix.com/view
お問合せ:https://www.dipex-j.org/contact

お知らせ

クローン病モジュールに新たなトピック「クローン病とコロナ禍」を追加しました

クローン病モジュールに新たなトピック「クローン病とコロナ禍」を追加しました。
当初のクローン病の語りで協力して頂いた方の内11名の方に2020年8月から11月にかけて再度インタビューを行いました。
インタビューの前半は、最初のインタビューの後、現在までに起こった症状の変化、治療法の変化などについて伺いました。これらは既存のトピック(異常の発見から診断まで、薬物療法、手術、ストーマ)の中に新たに合計10個のクリップとして追加しました。
後半はコロナの拡大がクローン病の人にどのような影響を及ぼしているかを伺いました。それらを新しいトピックとして19個のクリップにまとめ紹介しています。このトピックではクローン病の人にとってのコロナ禍が健康な人にとってのそれとどう違うのか、感染症対策や治療への影響、生活面における変化などを通して明らかにしています。また、クローン病患者としてコロナ禍について思うことなどについてのお話なども紹介しています。

お知らせ

「障害学生の語り」が毎日新聞夕刊1面で紹介されました!

2021年3月13日付毎日新聞の夕刊1面で、DIPEx-Japanの「障害学生の語り」の取り組みが紹介されました。
「できるかできないかではなく、やりたいかが大事」といった当事者の語りと、プロジェクト責任者の瀬戸山陽子さんの熱い思いが紹介されています。
毎日新聞のウェブサイトからも見られますが、そちらは有料記事になります。

お知らせ

公開シンポジウム「障害学生の語りが、学びを変える、社会を変える」の記録ビデオを公開しました

2021年1月23日に開催された公開シンポジウム「障害学生の語りが、学びを変える、社会を変える」の記録ビデオです。

私たちは、2018年からインタビューをはじめ、障害をもちながら高等教育機関で学んだ体験を持つ方々のさまざまな生の声を伺いました。

障害学生の語り

シンポジウムでは、「障害学生の語り」のウェブページのご紹介や、障害学生支援の現状とともに、実際の障害学生の語りをご紹介しながら、障害学生をとりまく課題や、今後の学びの在り方について考える機会としました。本ページに、シンポジウムの様子を記録したビデオを公開しています。

日時 2021年1月23日(土)13時00分~16時00分
方法 zoom ウェビナー
主催 2017年度トヨタ財団助成研究「障害学生のエンパワメントを促す当事者の「語りの映像アーカイブ」の構築」研究班(代表・瀬戸山陽子)
共催 認定NPO法人健康と病いの語りディペックス・ジャパン

プログラム 詳細PDF

第1部:「障害学生の語り」ウェブページのご紹介

瀬戸山陽子(東京医科大学/「障害学生の語り」プロジェクト責任者)

第2部:講演「高等教育機関における障害のある学生を取り巻く現状」

中津真美(東京大学バリアフリー支援室・特任助教)

第3部:座談会「障害学生の語りが学びを変える、社会を変える」

司会:瀬戸山陽子
  パネリスト(50音順):川尻浩史(社会福祉学専攻・肢体障害)、殿岡翼(全国障害学生支援センター・代表)、
  中津真美(東京大学バリアフリー支援室・特任助教)、皆川愛(看護学専攻・聴覚障害)、矢野愛(外国語学専攻・視覚障害)

お知らせ

「新型コロナウイルス感染症の語り」が共同通信配信記事で紹介されました!

このたび全国の52新聞社と共同通信のニュースを束ねたウェブサイト「47(よんなな)ニュース」でディペックス・ジャパンの「新型コロナウイルス感染症の語り」プロジェクトが紹介されました。
文化人類学者の磯野真穂さんがコメントしてくださってます。

47NEWS「コロナ感染者、その知恵の生かし方~東京都とNPO、体験談を募集」

現在インタビュー協力者募集中です。ご自身やご家族が感染した経験から「withコロナ」の新しい時代に向き合うための知恵と勇気をお貸しください。

お知らせ

週刊医学界新聞で「健康と病いの語り」データベースを紹介しました

昨秋日本医学ジャーナリスト協会賞を受賞したのがきっかけとなって、このほど週刊医学界新聞に寄稿する機会をいただきました。

「患者の語りから医療者は何を学ぶのか~「健康と病いの語りデータベース」を,対話を通じた意思決定支援に生かす」というタイトルです。

関心を持っていただけるようでしたら、上記リンクでご一読いただけましたら幸いです。

DIPEx-Japan事務局 佐藤(佐久間)りか

お知らせ

「障害学生の語り」ウェブページを公開しました!

本日「健康と病いの語り」8つ目のデータベースとして「障害学生の語り」ウェブページを公開しました。

これまでの語りのデータベースと違って、「病い」の体験ではなく、「学び」の体験に焦点を当てたデータベースです。障害や病いをもちながら、大学などの高等教育機関で学び、学生生活を送った方々に、その経験を語っていただきました。これから障害をもちながら進学することを考えている方や、いま在籍している方、また、障害学生を支援する立場にある方たちに、多くのヒントが提供されています。

さらに様々な立場の人が共生するインクルーシブ社会の創造を考えるうえでも貴重な社会資源です。ぜひ多くの方々にご覧いただきたいと思います。

お知らせ

「新型コロナウイルス感染症の語り」データベースの構築が始まります!

「新型コロナウイルスの語り」データベース構築
に向けた予備調査へのご協力のお願い

新型コロナウイルスに感染した人や濃厚接触者に対する差別や偏見が問題化しています。私たちDIPEx-Japanは、新型コロナウイルス感染症の診断を受けられた患者さんやそのご家族へのインタビューを通じて、ウイルス感染がその人の健康、日常生活、人間関係、ひいては人生にいかなる影響を及ぼしたかを明らかにして、そうした問題の解決の糸口を探りたいと考えています。ぜひご協力ください。

インタビューの方法など、詳しいことは右の画像をクリックしてください。

ご協力いただきたい方
この研究では新型コロナウイルス感染症の診断を受けた方もしくはそのご家族にお話を伺います。今回は予備調査として合計5~10名の方にお話を伺う予定です。

以下の条件いずれかに当てはまる方(いずれも18歳以上)にご協力をお願いしています。

  • 新型コロナウイルス感染症の診断後、一定期間を経て医療機関を退院した方
  • 新型コロナウイルス感染症の診断後、一定期間を経て宿泊療養施設を退所、または自宅療養期間を終了した方
  • 新型コロナウイルス感染症の診断が確定した患者さんのご家族(ご遺族も含みます)

このプロジェクトについて詳しいことが知りたい方、ご協力いただける方は、こちらからご連絡ください。ご連絡お待ちしています!

 

お知らせ

2021年1月23日(土)公開シンポジウム「障害学生の語りが、学びを変える、社会を変える」を開催します

終了しました。現在シンポジウム記録ビデオの公開準備中です。

「障害学生の語り」ウェブページ公開記念シンポジウム
障害学生の語りが 学びを変える、社会を変える

2018年5月からスタートした「障害学生の語り」プロジェクトが、いよいよDIPEx-Japanのウェブサイトに公開になります(2021年1月中旬公開予定)。障害学生の数は近年増加していますが、個別の学生の学びや生活には多くの課題もあります。
このシンポジウムでは、「障害学生の語り」ウェブサイトの紹介と障害学生支援の現状に関する講演とともに、障害を持ちながら高等教育機関で学ぶことについて、座談会形式でディスカッションを行います。 新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受けてオンライン開催ですが、全国各地から、障害学生の方、支援者や教員の方、これから大学進学を考えている方やご家族の方、マスメディアの方などのご参加をお待ちしております。
(右の画像をクリックすると大きくなります。)

日時 2021年1月23日(土)13時30分~16時00分(13時接続開始)
方法 zoomウェビナー(参加費・無料)/ 先着200名
主催 2017年度トヨタ財団助成研究「障害学生のエンパワメントを促す当事者の「語りの映像アーカイブ」の構築」研究班(代表・瀬戸山陽子)
共催 認定NPO法人健康と病いの語りディペックス・ジャパン

プログラム

ご挨拶:別府宏圀(DIPEx-Japan理事長)

第1部:「障害学生の語り」ウェブページのご紹介

    瀬戸山陽子(東京医科大学/「障害学生の語り」プロジェクト責任者)

第2部:講演「障害学生支援の現状(仮タイトル)」

    中津真美(東京大学バリアフリー支援室・特任助教)

第3部:座談会「障害学生の語りが学びを変える、社会を変える」

  司会:瀬戸山陽子
  登壇者(50音順):矢野愛(外国語学専攻・視覚障害)
           川尻浩史(社会福祉学専攻・肢体障害)
           皆川愛(看護学専攻・聴覚障害)
           殿岡翼(全国障害学生支援センター・代表)

情報保障について

手話通訳・文字通訳を用意しております。その他の情報保障が必要な方は、下記のフォームに内容をお書き下さい。ただし、ご希望に添えない場合もございます。

申し込み方法

申し込みを締め切らせていただきました。

お知らせ

日本医学ジャーナリスト協会から賞をいただきました!

患者本人に貢献する作品に、今年度・来年度の2年間だけ贈呈される「満美子賞」の受賞です

この度、DIPEx-Japanのウェブサイト「健康と病いの語りデータベース」と日本看護協会出版会から刊行された「患者の語りと医療者教育」が、「オリジナリティ」「社会へのインパクト」「科学性」「表現力」の選考基準のもと、日本医学ジャーナリスト協会から賞をいただけることになりました。

「満美子賞」といって、協会幹事だった故・松村満美子さん(腎臓サポート協会理事長、元 NHKアナウンサー)ご寄付の遺志を生かすため、患者本人に貢献する作品に、今年度・来年度の2年間だけ贈呈されるという、特別な賞です。

受賞理由は以下の通り:
◆◇<満美子賞>認定NPO法人健康と病いの語りディペックス・ジャパン◆
★ウェブサイト「健康と病いの語り」データベース https://www.dipex-j.org/
★書籍『患者の語りと医療者教育―“映像と言葉”が伝える当事者の経験』
エビデンスベイスドメディスン(EBM)とともに、患者の語り(ナラティブ)を体系的に収集・分析するNBMの重要さがクローズアップされています。
それを、Webの形で誰もが利用できるように活動しているのがこのNPO。
「乳がんの語り」「前立腺がんの語り」「認知症の語り」「大腸がん検診の語り」「臨床試験の語り」「慢性の痛みの語り」「クローン病の語り」という7つのデータベース公開され、300人を超える患者や家族の語りが、映像・音声・テキストの形で収録されています。
病名を最初に知った時に何を考えたか、治療法の選択で信頼できた情報は何かなど、「当事者にしか語れない言葉」が、Webをクリックするたけで、映像と声で流れます。
教育的活用の実例を集めた書籍『患者の語りと医療者教育~“映像と言葉”が伝える当事者の経験』を日本看護協会出版会から刊行。医療者教育にも不可欠な存在になっています。

詳しくは日本医学ジャーナリスト協会のHPをご覧ください。