インタビュー内容テキスト

もう一つ言っておかなきゃいけないかなと思うのは、これ、特殊なんですけど、私の、その、前立腺の肥大はですね、その先生いわく、並外れた肥大なんです(笑)。

―― といいますと。

あのね、えー、まあ要するに、あの、前立腺の大きさを表すときに何ccって、いわゆる体積で言うんですね。それが普通の人は、えーと、50ccとか、まあ大きい人でね、ぐらいですよと。ところが、あなたはその2倍ぐらいありますという話になったんです。 そうするとですね、そこにもう一つの問題が起こるのは、放射線治療するのにも、それだけ大きいということは、広範囲に放射線を当てなきゃいけないのと、それから、さっき言った、あの、ミクロの針を埋めるにしても、数がですね、普通の人の2倍入れなきゃいけないんですよ。というようなことも言われて。そういう治療もなかなか実際、その、難しいって。難しいっていうか、やったからといってね、あなたの場合、大きいから、その効果がね、ふふ、どの程度なるか分からないという話もありました。

―― なるほど。前立腺のその大きさが人より大きくなっていたっていうのがあり、それで、その、放射線治療だと、まあ、その、入れるタイプのものだとかなり数多く入れなきゃいけないし。

数多く入れなきゃいけなかったり、広範囲に当てなきゃいけなかったりということになるので、その難しい問題が起こりますと。だから、やっぱり、取ってしまうのが一番いいんじゃないですかということでしたね。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言