アーカイブ

乳がんの語り

インタビュー52

診断時:56歳(2002年6月)
インタビュー時:67歳(2014年3月)
近畿地方在住。検診でしこりを指摘されたが、がんとは思わず放置。半年後しこりが大きくなって病院に行き、乳がんと診断された。その後、右乳房に局所再発し、摘出術や抗がん剤治療を受けた。会社役員で、診断当時は家族以外には言わずに治療を受けたが、抗がん剤治療後には公表するようになった。

乳がんの語り

インタビュー49

診断時:77歳
インタビュー時:83歳(2009年5月)
近畿地方在住。2002年9月、左乳房に小さなしこりを感じ、受診。乳がんと診断され、左乳房切除術、リンパ節郭清と術後5年間ホルモン療法を受けた。手術後、半年で介護中だった夫を見送った。 診断時、夫と2人暮らしで、同じ敷地に息子家族が住んでいる。

乳がんの語り

インタビュー39

診断時:71歳
インタビュー時:72歳(2008年9月)
四国地方在住。2007年秋、炎症性乳がんと骨転移の診断を受ける。薬物治療を受けて、現在に至る。娘も10年前に乳がんを患っている。 1人暮らし。子どもたちは3人とも家庭を持っており、近くに長男家族が住んでいる。仕事は華道教師で、診断後も続けている。

乳がんの語り

インタビュー10

診断時:74歳
インタビュー時:74歳(2008年5月)
北関東地方在住。2007年に右乳がんの診断を受け、乳房切除術、リンパ節郭清術を実施。リンパ節に転移なし。術後補助療法として、抗エストロゲン剤を処方され、服用するが、血圧上昇、動悸、不整脈などの副作用が出現し、服用を中止し、現在に至る。息子2人は自立し、夫と2人暮らし。元保健師。

乳がんの語り

インタビュー37

診断時:65歳
インタビュー時:66歳(2008年9月)
首都圏在住。定年退職後の夫と2人暮らしの専業主婦。息子と娘がいる。 2007年夏、検診で異常が見つかり、精密検査の結果、右乳がんと診断された。乳房温存手術+リンパ節郭清を受け、術後は化学療法、放射線療法を行った。現在は経過観察中。

乳がんの語り

インタビュー34

診断時:66歳
インタビュー時:67歳(2008年9月)
離島在住。2000年冬、胃がんで胃切除術を受けている。左乳首の下のあせものような変化に気付き、2007年夏に受診。パジェット病という乳がんと診断され、左乳房切除術+腋窩リンパ節郭清を受けた。術後、抗がん剤を勧められたが、自分の意思で治療を受けず、現在に至る。食と民話の店を経営している。退院後すぐに仕事に復帰。娘と2人暮らし。

乳がんの語り

インタビュー32

診断時:62歳
インタビュー時:64歳(2008年8月)
北陸地方在住。2006年9月に右乳がんの診断を受けた。術前抗がん剤治療の後、右乳房温存術+リンパ節郭清、術後放射線療法を受け、現在ホルモン療法中。 乳がん発症当時は、母親と息子と3人暮らし。広告関係の仕事に加え、複数のNPO活動に携わっており、治療中もスケジュール調整しながら、継続した。

乳がんの語り

インタビュー13

診断時:62歳
インタビュー時:65歳(2008年6月)
中国地方在住。2005年に自分でしこりを発見。自宅近くの総合病院に受診し、左乳がんと診断された。術前化学療法を行い、病期が2期から1期になり、乳房温存術+センチネルリンパ節生検を受けた。 夫と2人暮らしの主婦。息子2人は自立して遠方に住んでいる。

乳がんの語り

インタビュー08

診断時:60歳
インタビュー時:62歳(2008年3月)
近畿地方在住。2005年12月、大腸がんの術後の定期検診で胸部CTを撮り、偶然右乳がんが見つかった。乳房温存術、センチネルリンパ節生検、術後抗がん剤治療、放射線療法を受け、現在ホルモン療法をしている。日本語学校の教師をしていたが、乳がんをきっかけに退職した。

乳がんの語り

インタビュー45

診断時:56歳
インタビュー時:79歳(2008年12月)
近畿地方在住。1986年に右乳がんの診断で、乳房切除術とリンパ節郭清術を受けた。男が乳がんということでとても驚いたという。2001年以降、右頸部や右肋骨などへ転移・再発があり、さまざまな治療を受けてきた。 当時は母と妻と息子2人の5人暮らしで営業管理職。現在は妻と2人暮らしで無職。