診断時:56歳(2002年6月)
インタビュー時:67歳(2014年3月)
近畿地方在住。検診でしこりを指摘されたが、がんとは思わず放置。半年後しこりが大きくなって病院に行き、乳がんと診断された。その後、右乳房に局所再発し、摘出術や抗がん剤治療を受けた。会社役員で、診断当時は家族以外には言わずに治療を受けたが、抗がん剤治療後には公表するようになった。

この人の語りを見る

プロフィール詳細

N.I.さんは、56歳の時、会社の健康診断で、右胸にしこりがあることを指摘されたが、男性でまさか乳がんになるとは思わず、病院に行かなかった。しかし、半年ほど経ち、しこりが大きくなってきたと感じ、近くの病院に行ったところ、大きな病院に行くよう勧められた。受診を希望する病院を伝え、紹介状を書いてもらって、検査に行き、右乳がんであることがわかった。男性が乳がんになるなんて、まさに青天の霹靂だった。マンモグラフィ検査は女性でも痛いと聞くが、痛くて嫌な検査だった。

医師の方から選択肢を説明され、納得してがんの摘出手術を受けた。会社役員をしていたが、仕事やプライベートが忙しく、周りの者には病名を言わずに治療を受けた。入院中もパソコンや携帯を病院に持ち込み、仕事を続けていたので、誰にも気づかれなかった。初発では髪が抜けるので、抗がん剤治療は行わなかった。4年後、右乳腺に局所再発して、再び摘出手術を受けた後には、抗がん剤治療も行った。ちょうど海外出張と重なり、抗がん剤治療で髪が抜けるので、かつらを作ろうか迷ったが、バンダナを巻いて対処した。そのときにはじめてがんであったことを明かしたが、周囲の人たちはそれまで全く気づかなかったと驚いていた。

基本的には主治医を信頼しており、主治医の進める治療については必要なことだと受け止めて治療を受けてきた。妻をはじめ家族は当初、乳がんであったことを驚いていたが、自分があまりに淡々と受け止めて通常通りにやっているので、今は以前と同様自然に接してくれている。仕事もプライベートも通常通りにやっていくのが大切だと思っている。誰もがいつかは死ぬが、長さでなくて、どのように生きたか、どれだけ精一杯の人生を送ったかが大事であると思っている。病いは気からというが、自分はがんになって何度も再発しているが、やりたいことをめちゃくちゃにやってきたのが、よかったのかもしれない。

男性の乳がんはとても少ないので、まさかと思ったが、自分ががんになり、男性も乳がんになるということがわかった。しこりは触ったら、わかるものなので、男性にも乳がんに気を付けて早めに受診してほしいと思う。

2017年2月公開

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)