インタビュー内容テキスト

私たちは身元を確認するように言われたのですが、私にはできないと断りました。口の中も含め遺体がすすに覆われており、損傷が激しいと言われたので、できないと言いました。それで彼だけ中に入ったのですが、結局、身元の確認はできませんでした。

彼とは、お兄様ですか?

そうです。兄は「確認ができない。わからない。お母さんに見えない。お母さんじゃない」と言いました。それで、私が中に入るしかなかったんです。兄ができなかったので、私が身元確認せざるを得なかったんです。

そうだったのですか。

はい、母に全然見えないって、兄が言ったので。

とてもつらい経験でしたね。

ええ。そう、私がしなければならなかった。遺体を一目見ただけで、すぐに母だとわかりました。本当に1秒足らずで(わかりました)。それ以上見たら、母親のその変わり果てた姿だけを思い出すことになると。母親の遺体確認は、この事故に関することのなかで最もつらい経験でした。遺体確認などしなければよかった。今まで生きてきて一番つらいことだったと思います。もう二度としたくない。あれから、どんな遺体も見ることを避けています。

あなた方お二人だけが身元を確認できる人だったのですか?

そうです。その上、兄が確認できなかったので。ただ、本当につらい経験でした。一連の出来事の中では、本当に最もつらいことでした。

その時の光景に、今もまだ苦しめられていますか?

(ため息)いいえ。でもまだ覚えてます。まだはっきりと鮮明に覚えてます。でも、だんだん薄れてはいくでしょう。私は本当に一瞬見ただけで言ったんです。「母です。」と。それで(遺体のある)部屋を出ました。

そこには、ガラスの仕切りがあったのでしょうか?

いいえ。病院の安置所でした。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言