参加・支援のお願い

ご支援・ご協力いただいた方々

「健康と病いの語り」データベースとディペックス・ジャパンの活動は、正会員、賛助会員、ボランティアの方々に加え、様々な個人・企業・団体の篤志とご支援に支えられています。ご支援・ご協力くださった皆様に深く感謝いたします。

ディペックス・ジャパンでは、利益相反により活動の本来の目的がゆがめられることのないよう、原則年間1万円を超える寄付者の氏名又は法人名及び寄付金額を、ウェブサイトにて公表させていただくことになっております。以下、令和1年度の1万円を超えるご寄付についてご報告します。

年間1万円を超えるご寄付をいただいた方々(令和1年度)

<個人のご寄付> ※年間1万円超50万円以下の個人のご寄付で匿名を希望される場合は匿名にして金額のみを公開します。 

秋元正澄様 50,000円/射場敏明様 150,000円/佐藤誠様 500,000円/中山健夫様 500,000円/花岡隆夫様 58,000円/山中左衛子様 100,000円/匿名希望 200,000円/匿名希望 100,000円/匿名希望 13,000円/匿名希望 110,000円/匿名希望 50,000円/匿名希望 20,000円

<法人のご寄付> ※年間1万円を超える法人のご寄付はすべて法人名と金額を公開します。

医療法人社団 相和会様 50,000円

受取寄付金総額(令和1年度)

107名の個人の方ならびに4の法人様から合計2,252,462円のご寄付をいただきました。

そのうち29万円は「クローン病の語り」プロジェクトのための指定寄付金でしたので、全額を同プロジェクトに充てました。また60,363円が「医療的ケア児の家族の語り」ウェブサイト構築への指定寄付でした。その他は「健康と病いの語りデータベース」に関連する事業(具体的には「乳がんの語り」「慢性の痛みの語り」などのデータベース構築や教育専用ウェブページの作成、DIPEx Internationalの国際会議への参加など)の費用に充てさせていただきました。

※これらのご寄付は、ディペックス・ジャパンの利益相反に関する倫理コードに照らし、利益相反委員会に承認されています。