インタビュー内容テキスト

特に、クリスマスが一番大変ですか?

はい。

それは、ステフが恋しいからですか?

一人でクリスマスを過ごすのは今年で3度目なんですけれど、年が経つにつれて慣れていくというものでもないですね。クリスマスの楽しみはもうありません・・・。以前は1年のうちで特別な日でした。ステフと過ごすクリスマスは大好きだったんです。

親せきの方々とは時々会ったりしますか?

私の方に姉妹が2人いるだけですね。去年は会いませんでした。4日間、娘を連れてスペインに行っていたから。ボクシング・デーの夜もスペインでした。私のわがままだというのは判っていますが、家にいることに耐えられなかったのです。

でかけたことは良かったですか?

はい。すごく楽しい時間を過ごすことができましたね。それと同時にすごく考えさせられる夜でしたね。「俺は今、何をしているんだろう?っていう感じのことですよね。ボクシングデーの夜に飛行機でスペインに行くことなど、本当はしてはいけなかったんですけど、やって良かったと思っています。でも、今年のクリスマスも、まったく待ち遠しくはありません。ステフなしのクリスマスは最初の年と変わらず、今年も辛いものになるでしょう。

お気持ちはお察しします。

娘がクリスマスプレゼントを開ける姿を1人で見ていると、ここにステフがいてくれたらどんなに良いだろう、とそんな思いになるのです。とても辛いです。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言