マーティン
事故当時:41歳
インタビュー時:43歳

主夫(元倉庫管理人)。2子あり。妻のステファニはパートタイマーとしてロリポップレディ(登校時の子供の交通安全・誘導を行う)の仕事中に歩道でバスに轢かれて即死。寡夫として2子を育てている。カウンセリングが支えてくれた。

語りの内容(テキストのみ)

特に、クリスマスが一番大変ですか?

はい。

それは、ステフが恋しいからですか?

一人でクリスマスを過ごすのは今年で3度目なんですけれど、年が経つにつれて慣れていくというものでもないですね。クリスマスの楽しみはもうありません・・・。以前は1年のうちで特別な日でした。ステフと過ごすクリスマスは大好きだったんです。

親せきの方々とは時々会ったりしますか?

私の方に姉妹が2人いるだけですね。去年は会いませんでした。4日間、娘を連れてスペインに行っていたから。ボクシング・デーの夜もスペインでした。私のわがままだというのは判っていますが、家にいることに耐えられなかったのです。

でかけたことは良かったですか?

はい。すごく楽しい時間を過ごすことができましたね。それと同時にすごく考えさせられる夜でしたね。「俺は今、何をしているんだろう?っていう感じのことですよね。ボクシングデーの夜に飛行機でスペインに行くことなど、本当はしてはいけなかったんですけど、やって良かったと思っています。でも、今年のクリスマスも、まったく待ち遠しくはありません。ステフなしのクリスマスは最初の年と変わらず、今年も辛いものになるでしょう。

お気持ちはお察しします。

娘がクリスマスプレゼントを開ける姿を1人で見ていると、ここにステフがいてくれたらどんなに良いだろう、とそんな思いになるのです。とても辛いです。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧