インタビュー内容テキスト

あと、事実とは、間違っているかもしれませんけど、大腸がんとかって何かポリープで、…わりとこう、肛門から近いとこだと、その内視鏡でやってピュッて取れば、わりとそれで大丈夫みたいな、…ことを聞いたことがあるような気がして。で、胃がんの場合も、その旦那の母親がやったんですけど。で、胃の3分の1だか半分ぐらい取っちゃったんだけど、ま、わりとそのあとも、…あの、ま、途中は大変だったにしても、普通に食事できるように回複しているので、何かその、乳がんとか子宮がんだと、命にかかわるっていう、あのー、恐怖、恐怖っていうかね、怖いものだぞっていうのがあるけど、何か、大腸がんとか胃がんは、ま、でも、亡くなっている方もいらっしゃるんでしょうから、あの、わたしのイメージですけども。…何か自覚症状が出てから行っても、何か間に合うのかなっていう、事前にその、検査を受けることの、それこそメリットが…そんなにあるのかしらっていう。

―― ご主人の場合も自覚症状があって、大腸がん(検診)に行かれたわけですし。

はい、はい、行ったんです。はい、でも、良性ポリープだったから大丈夫っていう。ねえ、結局、がんではないので、今のところ。そんなにしょっちゅう検査しててね、……ま、検査しているから違うっていうことが分ったんでしょうけどね。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言