※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

インタビュー時:52歳(2012年3月)

女性・首都圏在住。フリーの編集者・ライター。これまで大腸がん検診を受けたことはない。自治体が行う健康診断は毎年受けているが、その中に大腸がん検診は含まれていない。自覚症状もなく、自分から連絡をしてまで受けようとは思わない。乳がんや子宮がんの知り合いが多いため、婦人科系のがん検診は定期的に受けているが、大腸がんの人は周りにいないこともあり、それほど積極的になれない。

……で、胃がんは、それが、その旦那のお母さんが胃がんにかかってたりするので、えーと、そういう意味では身近なんですけど、何か自分は胃腸が強いっていう何か、あの、……感覚があるので、…何か受けようっていう気にならないですね。……でも、可能性はあるんでしょうけどね。はい、と最近、思うようになりました。

―― まあ、じゃ、たまたま、そのー。

ええ。

―― 乳がんとか子宮がんが身近に患者さんになられた方がいらっしゃるっていうことで。で、大腸がんは、ま、確かにね、高齢の方が多いんですけど。

あ、やっぱり、そうなんですか。うーん、あんまり、若い人でね、聞かないよう、ま、知らないだけなのかもしれないですけどね。あと、何かね、あんまり女性はならないような、多分、全然事実の根拠はないのかもしれないんですけど。何か、大腸がんって、ま、なってる人って、たまに知っていても男性だったかなとか、さっきおばがいるって言ったんですけどね。でも、その場合もおじのほうが先だったんですよ。その、そのおばさんの配偶者の人のほうが。何かイメージとして(笑)、全く非科学的ですけど、……。

―― ほんと男性のがん。

うーん。

―― それよりも…同じ時間しかなかったんだったら、乳がん、子宮がん。

ええ、ええ、そうですね。うーん。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧