※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー35

インタビュー時年齢:39歳(2015年4月)
潰瘍性大腸炎の治療薬の用法・用量を変更するための治験(第3相・実薬対照試験)に参加。
北海道在住。1995年に潰瘍性大腸炎を発症。発病してから3年半後に再燃と寛解を繰り返すことになり、現在も専門病院で治療中。病院で治験参加者募集のポスターを目にし、主治医に自分が参加できるものがあれば参加すると伝えていた。2010年に主治医から治験があると声をかけられ、普段飲んでいる薬の用法用量を変えるものだったのでさほど抵抗なく引き受け、約1年間参加した。

詳しいプロフィールを見る

うーん、どう言ったらいいでしょうね。僕はもう完全に、良くなるか悪くなるか分からないけど、(治験は)良くなる方向に賭けるギャンブルだなっていうふうに思っているので、人それぞれの考え方によって受ける受けないはやっぱり(自分で)判断したほうがいいと思うよっていうふうには、多分、もし相談されたら言うかなっていう気はしますね。もしまた治験受けるかいって言われたら、今度、新薬だって言われたら、それこそ本当にギャンブルだなと思いながら、多分受けるとは思うんですけれど、まあ、うーん、やっぱりその人その人の判断だと思います。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12191 (17) { ["term_id"]=> int(27) ["name"]=> string(42) "これから参加を考えている人へ" ["slug"]=> string(9) "p-message" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(27) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(7) ["count"]=> int(16) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "1" ["cat_ID"]=> int(27) ["category_count"]=> int(16) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(42) "これから参加を考えている人へ" ["category_nicename"]=> string(9) "p-message" ["category_parent"]=> int(7) } }
同じテーマの語りを見る